本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

サーフボードの豆知識・・・テール形状

フィッシュテール・スワローテール

フィッシュテール(又はスワローテール)はテールに切り込みの入ったテールデザイン。

フィッシュテール 画像

フィッシュテールは魚の尾、そしてスワローテールはツバメの尾といったところからの由来です。

メリットな特性としてテールエンドに切込みが入り二つに分かれてるため、水流の抜けがありルースなテールコントロールによる軽快さと、ターンの際にテールが沈めやすく、またどちらかのテールエンドの角が必ず波に入っている(引っ掛かっているかのような)ので、波への食いつきのよいクイックで反応素早いテールコントロール感覚を得られるようになります。

テールエンドに角があるので、スクエアテールのようなクイックな反応に似ているフィーリングもあり、スクエアよりはテールレスポンス感は劣りながら、より食いつきの良いテールコントロールを可能にします。

なのでベビースワローテールと言って、ビッグウェーブ用のボードに細いスワローテールが採用される場合があります。

テールを沈めやすいメリットから、体重の軽いサーファーや脚力の弱いサーファー、また女性サーファーに好まれることが多くあります。

この辺はライディングスタイルやテールコントロールフィーリングの好みによってもメリット・デメリットのフィーリングは変わるところではあります。

このスワローやフィッシュテールの面白さは、テイクオフでは水抜けのよさによって滑り出しを早めることがあるとも感じます。

そしてボトムのないような厚くショルダーの張らないフェイスでもテイクオフからのアプローチでボードを横方向へ向けやすく、ルースで軽いタッチのターンフィーリングがボードを横へと導きやすく、クイックに自由度高いマニューバーを描くことが可能になるのが特徴と言えます。

ドライビーなライディングを意識する上でも、ガチッとライディング方向によってどちらかのテールエンドをセットしてルースなフィーリングをコントロール出来れば伸びを感じるドライブターンを楽しむことも十分可能です。

切り込みを大きくしたスワローやフィッシュテールはテールアウトラインが直線的なデザインになるので、よりドライブの効いたクイックなレスポンスを感じる伸びのあるターンが可能になると言えます。

逆に切り込みの少ないフィッシュやスワローテールはラウンドにカットされテールにかけてワイドを細めることが出来るので、クイックでスムースなフェイスに食いつきの良いターンが可能になると言えます。

これらのテール形状は、比較的小波用にテールワイドを持たせたデザインに多用されます。

スカッシュテールなどでのワイドテールでは、テールエンドに角が出来る面積の広いテール形状のため、アップスなどでのレールの切り返す際、しっかり入れるべきテールを踏み込みリリースさせてあげる必要があり、テールコントロールに軽快さを得られるためにVeeやキックを施しながらも比較的レールtoレールが硬く重く感じたり、少々ストレスを感じる場面もあります。

その点スワローやフィッシュテールはターンの荷重によってどちらかのテールエンドの角が舵取りをしやすくしてくれるため、悪く言えばごまかしたターンをしやすくなると言えるほどターンの軽快さを感じられるようになります。

テールワイドが広くてもワイドのあることで二つに分けたテール面積も広くキープ出来るため、安定感と高いレスポンスを得られながらクイックで軽快なレールワークが可能となるため、細かなターンを必要とするパワーレスな小波にはとても相性よく使われることが多いと言えます。

フィッシュテールやスワローテールは、こういった特性からも、ある意味テールエンドの尖った形状がフィンの代わりをするとも言えます。

そのため、好みによってはセンターフィンを小さめにすることで、ルースを存分に使いながら安定感をキープしながら思い切ったドライブも楽しめるライディングが私自身色々フィンを試す中でも可能になると感じています。

まだターンが未完成なサーファーであっても、バックフィンを小さくすることなく安定を重視にセッティングすれば、ターンがキレよく軽快でありながらも、安定感高い乗りやすいフィーリングで楽しめると言えるかと思います。

ちなみに最近ではクアッドでのセッティングで楽しむサーファーも多いのですが、フィッシュテールやスワローテールはクアッドにも相性が良いと言えます。

クアッドは左右のどちらかのフィンに乗りライディングをしますが、センターフィンがない分ルースなフィーリングは強まります。

しかしフィッシュやスワローでは、テールエンドの尖った部分は食いつきよくフィンの役割を果たすため、比較的ルースなフィーリングを拡散させてくれる効果を果たすと考えられます。

ボトムではルースに自由度高いコントロールを楽しみ、トップではテールは抜きやすくも食いつきを残しやすくスナッピーなパフォーマンスを見せたいと、テールエリアに荷重をかける場面で何かとルースで軽快なフィーリングを得たいサーファーに、ぜひ積極的に試していただきたいデザインではないでしょうか。