本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

サーフボードの豆知識・・・テール形状

ラウンドテール・ピンーテール

ラウンドテール画像

ラウンドテールのフィーリングを一言で表現すればスムースなターンフィーリング。

テールエンドがスカッシュのように角のないふっくらと丸い形状なので、ターンの際のテールの抵抗がなく、テール先端の尖ったシャープな丸みのあるラウンドピンテールよりも比較的安定感も見込め、厚くマッシーなブレイクであってもスムースで軽やかなレールの切り替えしが楽しめるテール形状とも言えます。

レールの切り替えしが優れた特性は、スムースなマニューバーサーフィンを満喫できる、一度乗ると妙にそのフィーリングに癖になるほどにぜひチャレンジしていただきたいテール形状です。

様々に変化するセクションにおいても切れ目のない流れるようなマニューバー性豊かなライディングを楽しむのに、大変タッチの柔らかなスムースで切れ目のないターンを楽しませてくれます。

角のない丸い形状ながら、角のあるスカッシュテールなどよりもテール先端が強調され、比較的に波に食いつきやすく安定感も得られるといったメリットもあります。

なので得意な波質として、小波であっても比較的ボードをカーヴィングさせるスペースのあるフェイスのハッキリしたブレイクの方が、ラウンドテール特有なフィーリングを満喫しやすいと言えます。

ワイドのあるラウンドテールは小波の厚くパワーレスなセクションにおいても波のパワーを受けやすく、フェイスが立ち上がって来るまでのセクションでは縦横微塵に繰り返しが可能なターンによって加速をし、フェイスが立ち上がってくればカーヴィーでマニューバリティー豊かなライディングは十分に楽しめます。

使用用途によってラウンドテールでもこの辺のバランスを考える事で、いかなる波質でもラウンドテールなフィーリングを楽しむことは可能となります。

角のないラウンドテールは、波にタイトに張り付いて波のパワーゾーンを常に使ったライディングを楽しみたいといった時に、波のポケットで抉るようなテールコントロールが可能となり、より波のショルダーを思い通りに余すことなく攻めることが可能とといった所も魅力なところです。

乗り方としては、スカッシュ系のようにクイックにボードをコントロールするのではなく、加速するスピードを感じていくかのようにボードにしっかりボードに乗り込み、比較的大きなゆったりとしたラインを描くように乗る方が良いと感じています。

そういった意味では、サーフィンのマニューバーの基本をしっかりマスター出来るとも言える、ごまかしのきかないテール形状と言えるかもしれませんね。

ピンテール画像

ラウンドピンテールはラウンドテールよりもテール先端を尖らせた感じで、より波のフェイスに食いつきやすく、高い安定感も得られる比較的大きな波やパワーのある掘れ気味な波でのキレのよいマニューバーサーフィンに向いたテール形状と言えます。

細くシャープなテール形状は抵抗少なく水流が強く、大きな波やパワーのある波からのテイクオフでの安定感は信頼感も高く、ビッグウェーブ用のガンやセミガンで多用されていることもうなづけるところだと思います。

立ち上がって張った掘れ上がるようなショルダーでテールが大変食いつきよく、安定感高いボードコントロールを可能とし、丸みを帯びたテール形状が硬いフェイスでもスムースで安定性のあるレールの切り返しを可能とします。

しかし小波などのパワーレスなフェイスが立ち辛い波では、細いテールへ波からの力を受けるのも乏しく、テールレスポンスを利用した加速が困難になって来ます。

こういった点からもラウンドピンテールやピンテールは、使用する波のコンディションを考えたテールワイドとのバランスも重要になって来ると言えます。

こうした比較的対応範囲が広いテール形状なので、オールラウンド性的にも幅広くチョイスしやすいテール形状であるとおすすめ出来るのではないでしょうか。

補足:Thumbテール(サムテール)について

サムテール画像

サムテールはThumb=親指テールというように、テール形状がラウンドテールに似ていながらも比較的テールエンドにストレートなフィーリングを残したテール形状。

スカッシュ系とラウンドの中間といったところでしょうか。

ラウンドのスムースなフィーリング、そしてスカッシュのより高いテールレスポンスを求め楽しみたい時におすすめできるテール形状となります。

クアッドは左右のどちらかのフィンに乗りライディングをしますが、センターフィンがない分ルースなフィーリングは強まります。