本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

サーフボードの豆知識

フィンについて・・・

●フィンの各部名称

AREA・・・フィン全体の面積のことをエリアと呼びます。エリアが広いほどホールド性が増し、エリアが狭いほどルーズ感を与えるというのが一般的に基本となる考えです。

BASE・・・ボードに密着する部分のフィンの底部の長さをベースと呼びます。何よりもボードのドライブ性能に影響を与えます。基本的にはベースが長いほどドライブ性が高まり、ベースが狭くなるほどドライブ性が低くなると共に、スライド性が増して来ます。

DEPTH・・・フィンの高さ(最も高い部分)をデプスと呼びます。ターンの時のホールド性とコントロール性に影響を与えます。低いデプス(高さ)のフィンほど、ボードにスライド性を与えます。高いデプスを持ったフィンほど、ホールド性を高めます。特にセンターフィンは影響が大きく出ます。

SWEEP・・・ベース部分の真ん中から上へ垂直な線を引き、更にベース部分真ん中からフィンの最も高い場所に線を引いた時に出た角度をスイープと呼びます。簡単に置き換えると、フィンのアウトラインシェイプがどれだけ後方にカーブしてるかといった事です。スイープが増すほど、より長い円を描いたターンが可能になり、スイープが少なくなるほど半径の小さい円を描くターンを可能にします。

ティップ・・・フィンの先端部分のこと

●フィンの性能

FLEX・・・フィンを真っ直ぐにした状態から曲がる量のことをフレックスと呼びます。

フレックス性が低い(硬い)フィンは、より敏感に反応し、スピード性とドライブ性を高めます。またフレックス性の弱い(柔らかい)フィンは、コントロール、回転性を高めます。

フレックスが硬いフィンはパワフルなリーフブレイクなどの硬いフェイスでのサーフィンに向いており、フレックスが柔らかいフィンはビーチブレイクなどの柔らかいフェイスや変化の激しい波でのサーフィンに向いています。

理想的なフィンとは、ドライブ性を増すための硬いフレックス性のベースを持ち、且つリリースを容易にしてくれるように、ティップ部分に近くなるにつれてフレックス性能が高く(柔らかく)なるような理想的なフレックスパターンを持ったフィンであると言われています。

FOIL・・・フィンの最前方部分から最後方部分までのフィン両面側面、またフィンを流れる水の流体力学において最重要な部分をフォイルと呼びます。フォイルはフィンの持ち上げる力と抵抗に影響を与えます。

インサイドフォイル・・・フィンの先端がラウンドし、内側の表面がコンケーブ(凹面)しているフィン

フィン内側のフォイルで効果的に水量を増大し、フィンへの負荷を逃がしながらリフトとホールドが加えられてターンでの回転時のスピードを維持しやすくしているテクノロジー

FCSインサイドフォイルテクノロジーは、従来の片面フォイルに内側にも非対象ダブルフォイルを装備することによって、飛行機の翼のようにフィンのフォイルが引き立て役となり、そこ水が流れる事で浮力(揚力)が増し、際立ってスピード性能が増すと共にホールド性も高め、ボードのパフォーマンス性能を向上することが出来ます。このインサイドフォイルというのは、流体力学の基づき研究・開発された画期的なフォイルです。

フラットフォイル・・・フォイル内側がフラットなフィン。サイドフィンに使用されるフィンです。

50/50フォイル・・・フォイル両面が同じフォイルのフィン。主にトライでのセンターフィンやクアッドリアフィンでドライブ性を高めるフィンとして使用されます。

80/20・70/30フォイル・・・多くはクアッドリアフィンとして使用され、ドライブ性は多少劣りますが安定性とコントロール性の中に機敏なターン性能を可能とします。

●フィンに関わる用語

DRIVE・・・ドライブとは、進行方向への加速中におけるターン時のスピード維持度を表します。

フィンのベースの長さ、素材、表面積によって影響されます。ベースが長く大きいフィンはドライブ性が高まり、逆にベースが短く小さいフィンほどドライブ性が劣ります。

PIVOT・・・ターン時の円弧の長さを表します。スイープ角度やレイク(先端の斜出)、フォイル、フィンの高さによって影響します。スイープが小さいほどピボット性能は小さくなり、スイープが大きいほどピボット性能は大きくなります。

HOLD・・・ホールドとは、ボードが水面にしっかりと吸い付くような感覚を呼びます。

ホールド感が強くなればなるほど、ターン時にスリップやスライドしづらくなると共に、レスポンス感覚も高まります。

RELEASE・・・フィンは波面に接面していると定義し、フィンを海面から外す・抜くといった動作の度合いを表します。

センターフィンのサイズ、スイープ角度やレイク、表面積によって影響されます。センターフィンが小さいほどリリースしやすく、通常セッティングほどリリースしにくくなります。

テンプレート・・・フィン全体の形状を言います。