本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

サーフボードの豆知識・・・テール形状

スカッシュテール・ラウンドスカッシュテール・スクエアテール

最もよく見かけるテール形状と言えるスカッシュテールは、テールエリアの面積を最も大きくキープできるため、波の力を受けやすく、大変テールレスポンスにも優れたテール形状になると言えます。

テールエリアに角のある形状のため直進性での安定性に優れており、パドリングやテイクオフの際の安定感に繋がるとも言えます。

角を持たせた広いテールエリアは、パワーレスな波でも力を受けやすく、滑り出しのスイッチを早めるメリットを得られます。

逆に波にパワーがあり掘れるブレイクでは、テールワイドが広いほどテールを押し上げる力が強まるので、バンプでテールエンドを細めに絞るなどの配慮が必要になって来ます。

ライディングにおいてはアップスでのテールを踏み込みリリースする際生まれる高いテールレスポンス性能が、ボードを前へと加速しやすく伸びのある安定したドライブターンが可能になります。

オンショアなどで海面の荒れた不規則なコンディションでも、確実なテールコントロールを得やすくなるため、この辺からも癖なく乗りやすくコントロールしやすい、乗り手のレベルを選ばない最もスタンダードにおすすめ出来る、とてもオールラウンド性能にも優れたテール形状と言えるかと思います。

トップアクションにおいてもテールをルースに攻めてもテールが残りやすくため、粘りあるキレのある安定したスナップの効いたパフォーマンスがしやすくなります。

踏み込み程にテールレスポンス高く、ターンでのリリースする上でターンの伸び(ドライブ)をパワーレスなブレイクでも感じられるこのテール形状は、見た目にもスナップの効いたパンチを感じるライディングを可能にしたいといった要望に最もおすすめしたいテール形状です。

ラウンドスカッシュは、スカッシュテールの角を丸めるほどにスカッシュ特有のハイレスポンスな反応とパンチのあるフィーリングをキープしながら、ラウンドテールフィーリングに近付いた更にターンでのスムースさを得られるようになります。

逆に角をハッキリさせたスカッシュテールに似たスクエアテールは、更にハイレスポンスなテールレスポンスを得られる上に、テールの尖った角が波のフェイスをハッキリと刻みやすくなり、キレあるパンチの強いメリハリのあるライディングを可能に出来ます。特にリップでの見せ場を意識するサーファーにはおすすめ出来る形状と言えます。

通常のスカッシュテールでも考えられることですが、小波用などのワイドスカッシュテールでは、広いテールエリアによる強い抵抗がターンをしづらくしてしまうデメリットが考えられ、パフォーマンス性能とのバランスからテールロッカーデザインとのバランスを考えたり、テールエンドにVEEを施しレールワークの切り替えししやすさを考慮する必要があります。

特に初心者や初級者、そしてまだ何かと安定感を必要とする中級者は、まずはこのスカッシュテールを乗り基準とする中で、様々なテール形状にチャレンジし楽しむべきとおすすめ出来ます。

個人的にはパフォーマンスショートフィーリングなモデルで大きなラインでドライビーに波を攻めたいといった時や、パワーレスな波でのパンチあるテールハイレスポンスを利用できるライディングをしたいとオーダーする時に、安心して思いっきり踏み込んでいけるスカッシュテール系テールをチョイスしています。

トップアクションで太いスプレーを大きく飛ばすにも、楽しいテール形状だと言えると思います。

ハイレスポンスな特徴を持つスカッシュテールは、体重のあるサーファーや脚力の強いサーファーに比較的好まれるといったところもあるかと思います。