本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

ビギナーズ バイブル・サーフィンのルールとマナー

●ゲッティングアウト編

ゲッティングアウトする際には、基本ライディングしているサーファーが優先権があります。

車の事故で言えば、歩行者が何はともあれ過失が少なく扱われます。

サーフィンでは、この歩行者がライディングするサーファーになります。

なので、ゲッティングアウトする際には、パドルするサーファーはショルダー側を避けて波がブレイクする(スープ)方へと逃げなければなりません。

はじめのうちはついついドルフィンスルーが苦ってだったり嫌だからと、楽にドルフィンも出来るショルダー側に逃げたくなるものでもありますが、乗って来るサーファーが居れば、ライディングを邪魔にすることないようパドルする側が避けることが基本ルールになります。

ただあくまでもルールとしてのことなので、ライディングするサーファー側も気をつけて危険と感じたり回避が出来ないと思ったら、ライディングをやめる気遣いも必要だと思います。

安全に気持ちよく楽しくサーフィンを楽しむためにも、譲り合いの気持ちを持っての気持ちを持ったマナーの部分だと思います。

波のブレイクのタイミングもあるので、もしもライディングを邪魔してしまったら「ごめんなさい!」アピールすることで、ひとまずは何も言われないよりはライディングするサーファーもイラッとしながらも悪い気はしないのではないでしょうか。

ライディングする邪魔されてしまったサーファーも、「ごめん!」とアピールされたら一息置いて熱い気持ちを落ち着かせることも大切ではないかと思います。

特に混雑してサーファーが密集した海の中では、悪気はなく思うようにゲッティングアウトのルートを取れない場合もあるので、やはりお互いに気を配り出来る限り邪魔をしないといったお互いの意識と心配りが大切になるかと思います。

テイクオフしたりライディングする側は、回避に自信がない場合はテイクオフをするのを諦めたりライディングを辞める気持ちを持つこと。

ゲッティングアウト側は、出来るだけショルダーを避けた方向にパドリングをするといった心がけの中で、どうしてもそのルートを取るのが難しいのであれば早めに邪魔にならないようにドルフィンスルーをしたり、出来るだけショルダーの先のライディングするサーファーのラインの邪魔にならない所に逃げるなど気配りを持つとトラブルも避けやすくなると思います。