スワローテールとスクエアテールの融合

どんなコンディションでも安心感を得られる安定感ある乗りやすさ

今朝は早々東寄りの風が入ってしまい、昨日の掘れた感じが残ったオンショアなコンディション。

あちこちでピークが何処で現れるか分かりづらく、波を待つ寸前ピーク盛り上がり一気に掘れ気味にブレイクするようなオンショア特有コンディションなので

気分はPLATOONでサーフしました。

160712pl

感じたところあったので、ちょっと書いてみようと思います。

アウトラインの特徴

このモデルは一見シャープながら、比較的ワイドを持たせた安定感安心なモデル。

加速のプッシュで必要な部分のワイドは広めにしていて、ノーズ先端はテンプレートを変えて絞り込むバランスでデザイン。

テールエンドにかけてダブルバンプで絞り込むデザインは、ひとつのバンプで絞り込みよりも二つ目のバンプを設けることによりテールワイドを更に広めにキープでき、テールエンドは細めることが出来るといったテンプレートを設定。

バンプウィングは、ウィングのように極端過ぎる反応を気にすることなくスムースにウィング効果を感じれるのでいいですね。

これらのデザインのメリットとしては、安定感をしっかり保てながらキレ良く攻めることができ、二つのバンプにより更にターンのきっかけを作りやすく、ホローな波やパワフルなブレイクのフェイスでもテールのホールドよく、スワローフィーリングに軽快なレールワークも可能となるところ。

そしてこのモデルの特徴としては、一見からしても特徴と感じるスクエアな部分を持たせたスワローテールになっているところ。

特にアクションをしていて感じるところで、スワローやフィッシュテールに乗っていてカットバックをした際、テールの角を厚くなっていくフェイスに引っかけるように回していくと思います。

引っかけるように踏み込んだフィッシュやスワローテールはラウンドテールのようにスムースさは欠けて、回り込む中でテールが遅れてくるようなフィーリングを感じる時があると思います。

特にパワーレスな厚いブレイクのブレイクが消えていくようなコンディションで、その感覚は強く感じるようになって来ると思います。

カットバック中盤でテールを抜くといった、状態での先行動作がより必要になって来るといった感じで。

そんなストレスを少しでも解消して、反発よくテールが抜けて更にスピーディーにリエントリーできるように考えられたテール形状が、このスクエアスワローテールになります。

ステルステールと表現しているところもありますよね。

フィッシュやスワローよりも突部分の面積が広くなる形状になるので、格段にテールレスポンスがよくなります。

コンセプト

このモデルのコンセプトは、小波からアタマくらいまでのミディアムウェーブのオールラウンドコンディションで、ノーマルショートタイプのMDRよりも同じ抑え目なフルロッカーをもっと安定感よくフレンドリーに乗りやすく、フルロッカーなサーフボードを更にイージーに楽しめるモデルとしてデザインしています。

ロッカー

基本おすすめしたいロッカーとしては、やはりメインコンセプト的にも抑え気味なフルロッカーでのオーダーがおすすめ。

ただこのアウトラインで、推進スピード重視なスタイルで楽しみたいといった方は、プレーニングロッカーエリアの広いハイスピードロッカーでのオーダーも可能です。

ローロッカーベースにテールキックをプラスしたデザインがおすすめです。

今日のようなオンショアコンディションでは、やはり急に掘れブレイクするブレイクには、フルロッカーなボードの回転性の良さが取り回し軽くピークに入りやすく、スロープの強いピークからもボードが馴染むように滑り出させやすいとメリットを感じます。

厚いセクションではレールワークとパンピングコントロールもしやすく繋げやすく、ショルダー張るセクションではマニューバリティー豊かにターンを楽しめるといったフルロッカーならではの魅力なメリット。

フラットロッカーの飛び出すかのような感覚は薄れるデザインですが、むしろ掘れる波ではフィットしやすく、厚いブレイクしづらいピークからでもボードに乗るポジションと荷重具合を上手くコントロールすれば、フルロッカーなデザインであってもスムースで素早い滑り出しのテイクオフが可能になります。

オールラウンドボードとして安定感高く乗りやすいフルロッカーサーフボードで、回転性イージーに楽しみたいといった方には絶対おすすめできるモデルですね。

ミディアムウェーブくらいまででオールラウンドに楽しみたいなら身長よりも1~2インチ長めに、オーバーヘッドまでを攻めるオールラウンドボードとしてはもう少し長めに乗っていただくと調子バッチリに楽しんでいただけるかと思います。

kym-platoon

こちらは身長よりも1インチハーフと気持ち長めにオーダーいただいたユーザーさんのボード。

バリトリップでパワーのある波も調子よくマニューバーを描き楽しめたとのインプレをいただきました。

少し長めに乗ることで、オーバーヘッドコンディションでの乗りやすいオールラウンドボードとして十分に楽しめるということですね。

フィンのチョイスについて

このPLATOONはサイズありパワーを感じるブレイクではトライが面白くおすすめです。

パワーレスなスモールコンディションの場合はクアッドにすると、テイクオフでの滑り出しもフルロッカーデザインながらスムースになっておすすめです。

個人的にもアウトラインのカッコ良さに魅力を感じていて、相当にお気に入りな1本になっています。

掘れたセクションのボトムからトップへのアプローチも、回転性よく立ち上がるフェイスにフィットしながら素早くアプローチ出来るのも気持ちいいですね。

全てにおいて安定感よく乗りやすく、軽快タッチなターンフィーリングとクイックでハイレスポンスなテールコントロールが楽しい板です。

ぜひオーダーされ、感じていただければと思います。