ここの所人気なD-BULLETとは?

D-BULLETの人気な理由とは

週末は北東の強い風が入ってコンディション乱した事務所周辺

私は移動することなく仕事の合間にD-BULLETでサーフ。

16912db

最近よくオーダーいただくモデルのひとつで、私自身やっぱり外せない1本です。

何故このモデルが人気なのか、私がサーフする中での感じるところを書いてみたいと思います。

まず個人的にも気に入っているところですが、特徴的なアウトライン。

ノーズアウトラインはふっくら安心感持てながらもシャープなポイントノーズ。

丁度パドルでの胸の前あたりの、テイクオフで滑り出させるにもパワーレスブレイクでの加速させるにも、イージーにプッシュさせやすくスピードを得られやすいワイドあるアウトライン。

安定感高いのもフレンドリーな乗りやすさが魅力です。

やはりこのモデルならではに多くの興味をいただくテール形状。

浅めなワイドあるダイアモンドテールは、パワーレスな波でも波のパワーを受けやすく、安定した”小気味よい”イージーテールコントロールを可能にしてくれます。

テールエンドの尖った個所を支点に、左右に自由度の高いターンを楽しませてくれるのが、私自身乗っていて攻めやすく魅力を感じているところ。

ロッカーはスーパースモールウェーブ用に推進スピード性能の高いDANGANやHARD BALLベースな同様なフラット気味なロッカーを採用。

dbr

テールエンドはキックロッカーとVEEのコンビネーションにより、バーティカルパフォーマンスを攻める上でも攻めやすくデザインされています。

このテールエンドに施されたデザインは、パドリングスピードもアップさせているんですよね。

このモデル本当パドリングも速く楽なところも魅力と感じています。

個人的にはDANGANやHARD BALLの使い分けで、サイズあるコンディションも楽しめるようにセンターの厚さを薄目に、レール形状も薄目にシェイプしてもらっていますが、

特にショボい小波用と使用したい場合は、普段乗るメインボードよりも若干厚めに、レール形状もボリューム持たせてオーダーされると、

DANGANやHARD BALL同様にショボいコンディションでもテイクオフ性能をイージーに、このモデルならではのポテンシャルを楽しんでいただけるとおすすめになります。

ミニボードカテゴリーの短く乗られることをおすすめするDANGANやHARD BALLの短さに抵抗を感じる方など、長めに乗れる超反則系ボードとして乗りたい方にもおすすめできるモデルでもあると感じています。

テイクオフがショボいコンディションでも激っ早に、パワーレスブレイクでもスピードを得やすく、イージーな何とも言えない気持ちよい反応のターンを楽しめる、少し長めに安心持って乗りやすいフレンドリーな小波用モデルといった感じでしょうか。

オーダーいただいた多くの方から、楽しいボードと絶賛をいただいているモデルのひとつです。