ターンによる加速が楽しい!MDR

今日はハラ~たまにムネくらいの厚いブレイク。

こんな日はローロッカーなイージースピード系ロッカーが数はとにかく乗れるんだけど、

ここのところSUPER BALLに乗って来て、こんな波でもMDRに乗りたい気分で久々MDRでサーフしました。

161026md

私は身長175cm 体重76kig

オーバーヘッドでの使用も考えてのチョイスで

6’0×19×2 3/8というサイズで乗っています。

イージースピード系のローロッカーなら楽にもっと乗れちゃうだろうなと思いながらも、厚めなブレイクでも比較的しっかり割れる波ならMDRもテイクオフは早い。

このモデルのロッカーは、ノーズフリップはさほど強くはなく、エントリーロッカーも強いロッカーよりは抑え目、そしてナチュラルにカーブを描きながら特にテールエンドにかけて強めなカーブといった、全体的にポイントがなく繋がるフルロッカーが特徴。

このロッカーの特性がほんと表現出来ているなと、乗っていてつくづく感じました。

同じカテゴリーなアウトラインのSUPER BALLは、エントリーロッカーはMDRと同じくらいの抑え目なロッカー。

ノーズ先端フリップはMDRよりも強め。

そしてテールエリアはMDRほどカーヴを描かず、抑えたロッカーとなっていて、テールエンドにかけてはテールキックロッカーが施されていて、テールエンドはMDR同等のトータルな反り具合のバランスでシェイプされているのが特徴。

実際乗っていて、MDRは特にストレート気味なプレーニングエリアを持たないフルロッカーならではにターンによって加速を得る楽しさ。

ターンフィーリングも抵抗を感じる事ないスムースな軽いターンが可能。

そしてSUPER BALLは特にテールエリアの抑えたエリアによる推進スピード性がアップして、テイクオフの滑り出しも厚いブレイクでも更にイージーに、ライディングでのニュートラルなスピードコントロールもイージーに、そしてテールキックによるバーティカルアプローチもMDRとはまた違ったフィーリングに瞬発力を感じるかのようなクイックでスナッピーなコントロールで攻められるといった違い。

MDRで抜群に調子いいGAMでSUPER BALLではテールが抜け悪く重く感じるのも、このテールエリアの抑え気味な部分が影響しているんでしょうね。

フィンもロッカーにもよってチョイスが変わると実感できるフィーリングですね。

いい波ゲットして、ショルダー張って来るセクションでボトムターンして、トップは掘れず厚くシフトした際でも、トップをエグるようなカーヴィングカットバックがイージーに攻められるのが、こんなコンディションで乗っても凄く楽しい!

平砂浦のデカい時も、マリブの台風スウェルなリーフブレイクも、そしてウエストジャワトリップのダブルくらいのパワフルな波でも絶好調なこのMDR。

やっぱサイズあってショルダーがビッタビタに張ってくれる波あれば、間違いなくチョイスするお気に入りな外せない1本のひとつです。

 

重い?硬い?セットしてみたら・・・

ここのところ北東風悩まされながら、風の弱まる隙間の時間を狙えば、ムネ~カタ、そしてアタマとサイズあるコンディションで出来ている東浪見周辺。

そんな今、一番ハマっているボードはSUPER BALL。

161021sb

一見、見た目、普通のスタンダードショートライクにシャープに見えるアウトラインですが、パドルで体が乗る部分がワイドを持たせたデザインになっているので、

実際パドルしてみると、海面にビタッとブレなくフィットする安定感、そして推進性能優れたパドル能力を持っているモデルなので

50歳を迎えながらもまだまだ頑張る私でも、波のサイズあっても気楽にパドルアウト出来る、気軽に積極的に乗れるパフォーマンス性めちゃくちゃ楽しいモデルなのです。

テイクオフも飛び出す感覚ながら、しっかり波にフィットさせやすく滑り出しがスムースに早く、コンディション選ばず突っ込んでいけます。

ライディングも安定感高く、余裕を持てる軽快な攻撃性が何より個人的にもハマっているところ。

波のブレイクがよく続いているなら、なんかずっとリップしていられるんじゃないかと思えるほど、ボトムからのトップアプローチ、そしてリップリリースでの更なる加速感が強い魅力を感じているところでもあります。

そんなMyスーパーボールでですが、フィンはパワーレスで小波ではM7とM5のセンターをちょっと小さくしたセッティングのグラスフレックスが個人的には絶好調なのですが、波のサイズが上がり海の中の流れや潮の動きが大きくなるコンディションになってくると、どうも何かとフィンから来る駆動感に物足りなさを感じているところもあり。

そこで昨日、ベースが広く、スィープが寝ていて、フィンサイズも大きいGAMを「重い?」「硬い?」「引きずる?」といった先入観を持ってダメもとで試してみました。

161021sb2

これが凄くグッドフィーリング!!

まずパドルでの安定感と駆動感が増して、ブレイク多めで結構ハマり気味のゲッティングアウトも、パドルは軽く感じ、気付けばあっという間にアウトに出られてました。

このゲッティングアウトのパドル性能、特に波のサイズがある時にはやっぱ重要!

パドル力には比較的自信があるほうではありますが、特に歳を重ねるほどに痛感!(笑)

波のピークを追うのも、グングン駆動を感じるようになって楽!

そして更に重要なテイクオフ。

割れづらいブレイクなど波のブレイクよって、どうも引っかかりづらく滑り出しづらかっらポジショニングからでも、テールからフィンにかけてグググッといった駆動フィーリングを感じられて滑り出してくれる。

そしてアプローチの加速もぐんぐんアップ。

ライディングも先入観持ったところを全く感じさせず、むしろボトムでのドライブもしやすく、トップアプローチも軽い。

かなりワイドで速いブレイクのボトムを抜けきって、結構エグイリップで1発2発とバックハンドでリップを重ねられたのには、リップしたポジションのパワーも感じられて久々にちょっと興奮もの。

こういうのあると、板を触る率妙に上がるのは何故ですかね?(笑)

フロントのライディングも、ガッチリ駆動を感じる中でのスピードとコントロールで、カットバックも回しやすく、ボトムターンの姿勢の練習もしやすく、速くエグく割れるリップも気持ちよく攻めることができるようになりました。

明日はサイズダウンするので、小さい厚めなブレイクでもこのセッティングでイケるか試してみようと思います。

 

オーダーボードのご紹介

ohhbdb2

D-BULLETのテールコントロールの小気味よさ、そしてHARD BALLのテイクオフ性能にお悩みのオーダー。

で、HARD BALLベースにダイアモンドテール(D-BULLETテール)バージョンにチューニングオーダー。

オールイエローなハンドペイントで開始したマイセルフハンドペイント。

ボトムはちょっと遊んでみては?ローラーくり抜きコロコロとイエロー塗料を転がしたランダムなイエローカラーに。

う~~~ん、テイクオフ激っ早で、よく動きそう~ですね!

超反則じゃないですか!!^^

このたびもオーダーいただき、ありがとうございました。

最近人気なサーフボード

週末は土曜日にオーダーのお客様とユーザーさんとサーフしました。

風は北よりが若干強めで、面乱したサイドなコンディション。

良くはなかったです。

オーダーいただいたお客様は小波用をご検討ということで、

お越しいただくまではDANGANかD-BULLETかと興味をいただいておりました。

お会いして色々お話をさせていただく中で、今一押ししたいモデルとしてFAT DRIFTERのお話をさせていただいたところ大変興味をいただき、

おすすめとなる短めなDANGANでのレングスが今乗るボードの長さよりかなり短くなる不安もあり、

最終検討モデルとして程よく短めで乗れるD-BULLETとFAT DRIFTERに候補が絞られました。

で、私がまずはFAT DRIFTER、そしてお客様には私のD-BULLETを体型はかなり違いながらもひとまず乗っていただきました。

割れづらくブレイクもハッキリしない波が多く、ボードのサイズが大きいということ、そしてサイズもムネ~カタあったいったこともあり、

中々乗れない中でも何本かロングライドされて感じていただいたフィーリング。

まさにD-BULLETのテールの動きの軽快さ。

そして次にFAT BALLに乗っていただきと、D-BULLETでは掘れ気味にテールの押しが強すぎるフィーリングで中々乗れなかった位置からエッ?といった感じで波に乗って行く。

そしてターンも大変気持ちよさそうに繰り返している。

海から上がり「どうされますか?」と聞くと、FAT DRIFTETのイージーでスピードアップを感じられるパドル性能。

胸の前あたりから軽くプッシュさせるだけで滑り出してしまうテイクオフ性能。

そして最も気に入っていただいたポイントとして軽快なターン性能に強い印象を受けたとのこと。

パドルでの胸の辺りの、広めでボリュームを残した、少し前よりにデザインされたワイデスト。

私自身感じているストローク&プッシュで漕ぐほどに面白いように胸の辺りから加速していくかのうようなイージーパドル性能でまずは恩恵を感じます。

波も積極的に追いやすくなるなとも感じます。

テイクオフはパドルをして滑り出すと、やはり胸の辺りからプッシュするほどグングン加速していく滑り出しの素早さ。

そしてテールの強めなカーブがフロントプッシュにグングン加速を感じながらターンを軽快に繰り返せる。

まさにFAT DRIFTERならではの、こんなフィーリングにノックアウトされたようです。

szk

通常のアウトラインでのオーダー。

そして本日お越しいただいたお客様は、長いお付き合いでファットな丸みのあるボードやフラットロッカーがどうも合わないといったフルロッカーがお好みと知っていることもあり、

やはりFAT DRIFTERのフルロッカーデザインについてのお話も。

私のインプレを交えた多くの説明に、ビビビッと来ていただいて本日もFAT DRIFTERでのオーダーとなりました。

on

お好みに少しシャープにノーマルショートフィーリングの細目を意識したファットなアウトラインにてオーダー。

このシャープな感じ、私もファットなFAT DRIFTERに乗っていて、更なる反応の速さをイメージしてオーダーしたいタイプなんですよね。

いい感じです!

最近私自身この板乗っていて色々と「マジヤベッ!」て感じもあって、好みが合えば積極的におすすめさせていただいているのですが、

ちょっと今人気モデルになって来ている兆し。

sfd3

画像のボードは完成してお引き取りをお待ちしているFAT DRIFTER

 

では本日のサーフ日記。

朝の風のないうちにと早朝サーフ。

波はウネリ入ってて、セットでアタマくらいなそこそこパワーを感じるブレイク。

ただショルダーは張りづらく、ダラダラと速く割れるようなコンディション。

サイズもあって早朝パドルも速くとSUPER BALLをチョイス。

161018b1

161018f

サイズもあって、ショルダーが張って来るのに合わせて大きなラインでドライブさせるサーフィンといった感じなので、今日は駆動とドライブ性重視にフィンチョイス。

ショルダー張らず多少ヨレた感じもあってリップ狙ってといったブレイクが少なく、ピークが掘れ気味に盛り上がり割れ、ブレイクするとシフトしていくようなブレイクだったので、特にボトムターンの練習モードに。

自分はどうもボトムターンの際に後ろの方が下がってしまうダメな癖があると連写で写真を撮っていただいた時に気づかされているので

今日は後ろ肩を落とさずに手をフェイスにつけていくように前に倒していくといったことをボトムターンをする都度に意識。

何本かいい感じあって、次に繋げ進んでいくきっかけをまた作れたなといった感じです。

深いボトムターンから上目づかいで眺めるリップ。

メイクできるとやっぱ最高ですよね。

 

このSUPER BALLもグッドなインプレ、ありがたく重ねていただいております。

見ていて調子アップに沢山の波に乗ってドンドン上達していると感じさせられている、週末よくサーフィンをご一緒させていただくユーザーさんのSUPER BALL

kin

今までに感じたことない軽快な反応ですね!とご感想をいただいた、今まで多くのヨシノシェイプを乗って来ていただいているユーザーさんのSUPER BALL

kuro

この他、今までオーダーした中でも一番自分に合ってるかもなどのお声もいただいており、こちらもFAT DRIFTER同様に2016年モデルとしても人気モデルな兆しです。

イージーハイスピード、イージーカーヴィング、イージーバーティカルアプローチ、そして軽快さがメチャクチャ気持ちいコントロール性といったところが特に抜群なモデルですね。

割れづらいブレイク多いということもあって、ついつい最近はこのSUPER BALLをチョイスしてしまっていますが、

更にカーヴィングスムースなMDRも乗りたい気分が沸々と沸いて来ております。

サイズ残ってくんないかなぁ~

サーフィンは風の合間の出来る時にちょこちょことやっていましたが、サーフダイアリーの更新をしていなかったこともあってちょっと長々なダイアリーになってしまい申し訳ありません・・・^^;