早朝グラッシーなうちに FAT DRIFTER

昨日は波がよくなくサイズもショボかったので、久々に記事を書いてみました。

フィンチョイステストの仕方をサーフボードの豆知識としてアップしたので、ぜひ読んでみてください。

今日は風が無風なうちにと早朝からサーフ。

完成してからまだ試していないクアッドセッティングでテストしたく

FAT DRIFTER 5’10をチョイス。

波はブレイクいいところで、厚めながら比較的コンスタントにハラ~たまのセットムネくらいのグラッシーな面つるファンブレイクで、フィンを試すにも中々グッドで楽しい波でした。

まずは先日乗った際に絶好調だったM7を全てセットしたセッティングでゲッティングアウト。

161006fd1

前よりなワイデスポイントなワイドとボリュームにより、ワンストロークごとの推進距離が長く、パドルも速いだけでなく「楽!」といったポテンシャルを強く感じところでもあります。

パドルが妙に楽しくなるほどなんですよね。

ヨシノシェイプはどのモデルにおいても基本的にテイクオフの滑り出しの早さは感じている魅力なところではあるのですが、このモデルは特に滑り出しのスイッチが入るのが早く感じますね。

テイクオフも早いといった感覚だけでなく、テイクオフが「楽!」といったところも強く感じるところ。

傾斜の緩いピークからでも、ノーズからの加速を感じるように素早く走っていってくれます。

速いブレイクでのスープの下を駆け抜ける時も、ノーズ寄りにプッシュプッシュとしやすくて、凄く楽にフェイスに抜けていける面白さ。

滅多に捕まることがないほどです。

速くブレイクするスープの下をスピーディーに楽に駆け抜けた先のフェイスでは、テールよりの強めなフルカーブロッカーによって簡単にボトムから素早くトップアプローチへと導いてくれてバッチンとメイクさせてくれる面白さ。

ノーズよりのワイデストポイントなアウトライン、そしてテールよりの強めなフルカーヴなロッカーがしっかり機能してくれてメリットをヒシヒシ感じます。

ブレイクのよいピークは比較的混んでいましたが、ポンポンとセットが入るたびに妙に乗れてトライでのフィーリングを感じ、一度上がってクアッドセッティングに変更。

161006fd2

とりあえずクアッドバックフィンにG1000だけ持っていっていたので、フロントはM7そのままでのクアッドセッティングに。

パドルはちょっと駆動ないかなとトライに乗ったすぐということもあって若干感じたところはありましたが、テイクオフはテールの抜けも早いフィーリングで更に滑り出しが早く感じた。

ライディングではちょっとドライブ足りないかなといったフィーリングを感じるところもありましたが、やはりプッシュプッシュに簡単に加速していくスピードは面白い。

特にフェイスがシフトして厚くなっていくセクションでも、ノーズよりな加速感が凄く良いので、スピードロスを感じることなくテールの回転性も驚くほどに素早く、あっという間にカットバックを回し込めたのにはビックリしたほど。

クアッドによる回転性も凄く楽しく感じた。

次回はフロントをGAMで試してみて、ドライブ感を感じてみようと思います。

とにかくパドルを楽に、テイクオフを楽に、そして回転性もイージーに!といった小波用求める方は、ぜひ乗ってこのモデルの面白さを感じていただきたいですね。

ワイドがありながらもポイントノーズなキレの良さも、ほんと面白いモデルです。