ハイドライブ!・・・ニューモデル

今日は休みに入ったユーザーさん達と朝からサーフ!

波は北西のオフショア強めなムネくらいの割れる波数少ないサイズダウンしたコンディション。

今日はニューモデルのフィンテストとしてフロントS25のL、バックフィンは同じS25のクアッドバックフィン(M3テンプレート&サイズ)とニューモデルのロッカーをイメージしてのセンターフィンを小さくルースさせやすくしたセッティングでテスト。

161230

ちょっとパドルでの駆動がもう少し欲しいかなといったフィーリングはありましたが、テイクオフではボードの抜けよくストレス感じることなく滑り出させやすく、前輪駆動に滑り出しスイッチ素早くグングン加速を感じられるので、

狙った波はほぼ全てテイクオフを重ねることが出来ました。

ほんとこの板もテイクオフ早いです。

あと今日のサーフィンでこのモデルに乗っていて一番感じたフィーリング。

ドライブ加速性能が凄い!

速いブレイクをノーズ荷重に簡単に加速しやすく、無理かなと思った速いブレイクもすかさずノーズアクセルにプッシュさせると、信じられないほどのスピードで簡単にショルダーセクションへと導いてくれる。

なので捕まることなくショルダー抜けたセクションで気持ちよくアクションを攻めさせてくれる楽しさ。

試したフィンのレスポンスも軽快でありドライブ性もグッドなフィーリング。

ただパドル性能を考える中では、また別のフィンの可能性も見えて来た感じがします。

明日もこのニューモデルに乗ってフィンテストをしたいところなのですが、風の影響は気にすること無さそうですが波はサイズダウンパ&ワーダウン傾向な予報。

DANGANで超小波を攻めるか、LARIATで乗る数重視にゆるい気分に楽しむか。

そんな反則系モデルをチョイスすべきコンディションが予想されます。

サイズアップ!・・・PLATOON

今日はサイズアップ。

夕方時間が出来たのでサーフタイム。

波はアタマ~たまにセットオーバーヘッドなセット入るとハード気味なコンディション。

まだフィンセッティングが決まっていないニューモデル。

フィン変えて試すのも面倒くさいコンディションなので本日はPLATOON 5’10でサーフ。

161229pl1

161229pl2

セット以外は割れづらく、パワーとサイズ、そしてワイドで速い掴まりやすいブレイクであってもセット狙いでGO!な波。

ブレイクすると速いので、まずはアップスで抜けてからアクションといった感じ。

アタマくらいのパワーを感じるショルダーをアップス。

推進走破性高く抑え気味なフルロッカーでシェイプされたこのモデルのアップスフィーリング。

まるでグミを踏んでいるかのようなソフトなターンレスポンス。

161229pl3

イージーにレールトゥレールを繰り返すので、楽々ファストブレイクセクションを駆け抜けられる気持ちよさ。

ブロックを持たせたスワローなスクエアスワローテール。(ステルステール)

体重あって脚力も強い個人的には、スワローもクイックで楽しいのですが、カットバックなどのアクションでテールの食いつきを強く感じてしまいテールを抜く動作が必要になったりするので

このテール形状はレスポンス高まりスムースにボードが体の動作について来やすいといったフィーリングで調子いいですね。

速いセクション抜けると厚くなるブレイクでも、マッシーセクションでもコントロール軽く、ブレイクに合わせたアクションをイージーに攻めさせてくれます。

パフォーマンスノーマルショートなアウトラインフィーリングで、ハイスピードとソフトタッチなイージーターンを攻めたい方ならMDR

ちょっとワイドにハイスピード&ソフトタッチターン、そしてクイックでハイレスポンスなテールコントロールを楽しみ攻めるには、このPLATOONは安定感高い乗りやすさも更にアップにおすすめです。

ところですでに私はグローブもしていますが、使用頻度の高い私としては保温性を多少犠牲にも耐久性を重視。

161229s8

SURF8のこのグローブは、表面は2mmラバー、そして手のひらはジャージな仕様になっていて、接着部分の剥がれなど気にすることなく愛用できています。

個人的には保温性も問題ないですね。

ジャージ部分の滑り止めプリントが以前は顔を拭くと痛かったのですが、そのプリントも改良されていて痛くなくなっています。

また親指の表面が顔を拭く柔らかいジャージになっているので、水滴も容易に拭える調子よさ。

靴下感覚なフィット感と素足感覚な薄さでも暖かい2股ソックスなどと、SURF8さん、いいもの作っていますね。

より良いものへと進化もしているところも、信頼できるおすすめな冬グッズのブランドだとおすすめできます。

コンディションが変われど、乗りたい楽しい板がある。

益々サーフィンが楽しくなりますね。

久々のバレルの中・・・ニューモデル

強風でコンディション定まらない最近のコンディション

夕方やっと風弱まりそうだったので、そろそろニューモデルのテストも兼ねてサーフ。

161228b

レングスは5’11

フィンはインフィルキットを使用して、とりあえずベーシックなM7、そしてモデルのロッカーデザイン的にセンターフィンをM5と少し小さ目をセットしてみました。

まずパドルがデザイン通りに速く楽!

テイクオフの滑り出しのきっかけも、このモデルのデザイン的にメッチャ早い!

なのでどんな所からでも滑り出し早く、余裕を持ってアプローチ出来る乗りやすさ。

で、今日はセットでカタ~アタマくらいあったんだけど、厚めな中々割れづらいブレイクながら割れると掘れ気味にブレイクするピーク。

掘れ上がるピークの滑り出す距離少な目にドロップして、すかさずボトム、ボトムと意識をしてラインを取るように推進スピード素早くアプローチ。

最近意識している肘から水面を触っていくかのように体を倒していくと、じんじんレールがドライブしていくのを感じながらスムースに加速してボトムターンで粘る。

瞬間、目の前のフェイスが巻き上がるのを感じ、すかさずテールをフェイスにねじ込み合わせるようにストールしながら切り返すと、気付けばバレルの中。

この時のテールの切り替えし反応、イメージ通りのテールデザインチョイスが功を奏して素早かったなぁ~

バレルの中で出口を目指し2ターンして出口で潰されましたが、久々のバレルを楽しめちゃって、ちょっと興奮。

やっぱ出来る限り深いボトムターンのライン取り、パフォーマンス上げるにも大切なんだね~と痛感。

ラインが変わればアプローチも変わりますね。

ショルダーも変わって来る。

やっぱ意識って大切。

このニューモデル、いいですね!調子いい感じです。

新しく試しているテールキックによる反応も、とってもいい感じです。

とりあえずフィンのチョイスの必要性を感じたところはありましたが、その辺はこれからジックリ試してみて行こうと思います。

初乗り、いきなりのバレルインには、益々このモデルの可能性を感じられた1ラウンドでした。