DEEPなボトムターンの練習方法

今日は午前から午後にかけてお客様とレールチェックの立ち合いの後にハンドペイントのお手伝い

サーフタイムな時間が出来たので、さみぃ~~~の嫌な気分で波が小さいの覚悟にHARD BALLを積んで御宿に。

で、波ありませんでした。

明日が期待です!

てなことで、戻って来てこの記事を書いております。

本日のブログネタとして、最近ボトムターンの練習をしている時に意識していることをちょこっと書いてみたいと思います。

ボトムターンのコツとして役立つのではないでしょうか。

ボトムターンといっても波のブレイクによって浅かったり深かったりと色々攻め方はあると思います。

ずぅ~~~と憧れ、こんなトム・カレンのようなお手本なボトムターンがしたい!と長年練習して来ておりますが

b6

「昔から波に手をつくことを意識して・・・」といったアドバイスは耳にして意識をしていました。

でも中々ここまで深いターンをするのが何気に難しい。

で、最近ヒントを得るきっかけがあり、なるほどといった練習方法(意識)があるのでご紹介してみます。

まずボトムターンの練習をするには、ボトムに降りなければ始まりません。

しっかりボトムターンを深々攻められるようになるには、波のブレイクに合わせたレールワークを使ったライン取りをして、スピードをキープしなければなりません。

はじめのうちはボトムターンをしようとはせず、まずはテイクオフからとにかくボトムを目指し、アプローチに対してスピードロスのない走りが出来るターンを色々してみて知っていくのが良いと思います。

そうしたアプローチが出来るようになったらボトムターンの練習を始めてみましょう。

まずボトムに降り切った際に、ターンに入る準備に入ります。

後ろの手を前に出すようにボードをボトム側にノーズ荷重をして走らせている状態です。

所謂、タメというところですかね。

b3

このあと波のフェイスに触って行くかのようにする動作となりますが

b5

この程度のボトムターンではターンは出来るものの、憧れの上体を波側に思いっきり倒し込んだ、お尻の突き出たボトムターンは難しくなると思います。

そこで、この段階で波のフェイスに手をつくといった意識を持ってターンをするのではなく、肘をフェイスにつけていくようにするのが、今私が意識している練習方法になります。

b1

フェイス(椅子)を触っていく意識での倒し込みでは、こんな感じが限界になって来ると思います。

しかし肘をフェイス(椅子)につけていくようにすると、嫌でも体は自然に傾きます。

b7

実際この「肘をつく」ということを意識してボトムターンをするようにしていますが、明らかに体の傾きやボードの傾きに違いがあり、よりドライブ感を感じる深いターンを実感出来ています。

ミックの後ろの手も曲がっていて、まるで肘をフェイスにつけていくような感じですよね。

b4

サーフィンを少しでも上手くなりたいと思うのなら、やみくもに海に入ってただ流れで波に乗り楽しむだけでなく、

自分にとっての何かしらのテーマをレベルアップの段階に沿って海に入る前から持つようにして(イメトレなど)、波に乗りながら意識するといった練習をされると良いかとおすすめできます。

例えばカットバックでは、やはりカットバックを入れるといった意識を持ってないと、走りすぎてしまったりと中々カットバックの練習には繋がらないかと思います。

テーマを持ち意識をしてチャレンジする・・・上手くなるには大切なのではないでしょうか。

ちなみに個人的にボトムターンの動作を参考にしているのは

トム・カレン

ミック・ファニング

ジュリアン・ウィルソン

パーコ

コロヘ

なんかが、とっても参考になりやすい分かりやすい好きでもあるスタイルです。

サーフスケートなんかで、この肘を落としていくイメージの練習を陸トレでしてみるのもいいですよね。

スムースに練習させてくれる道具も大切ですよね。

ヨシノシェイプの乗りやすくスピードを出しやすい自分に合ったボードで、もうひとつ先だけでも上手くなったサーフィンを楽しんでみてはいかがでしょうか?