興味ありありなボトムシェイプ

波、ないですねぇ~

工場に完成したオーダーボードのピックアップとユーザー様の代わりにレールチェックをしに。

シェイプルームにはレールチェックをするオーダーいただいたLARIAT。

161219o

ドライブの伸びが最高!とおすすめさせていただいた4つのチャンネルも、美しく掘られています。

そして他の完成していた気になっていたボード。

先日吉野がボトムシェイプをしている時に、思わず気になったボトムデザイン。

b1

b2

b3

b4

吉野さんの知り合いの方がオーダーされたオルタナティブなシェイプ。

b3

所謂、ボンザー系なボトムシェイプ。

このボンザーを通る瞬時に大量の水を流し出せることによる揚力が、衝撃的なスピードを生み出すといったイメージによるシェイプデザイン。

ko

シェイプを見る所からは、クルーズ&ドライブなスピーディーなサーフィンを想像させてくれます。

b5

ちょっと画像では分かりづらいですが、ボンザーからレールにかけてはダウンしています。

デッキのダウンレール、そしてボトムシェイプでのボンザーの外側のダウンレールにより、ボンザーな優れたイージー直線スピード性能においてのレールワークの軽さをイメージしたデザイン。

吉野に説明を聞きながら、お互いに「乗ってみたいねぇ~~~」と共感。

こんな発想をダイレクトにリアルタイムにシェイプに反映できるのも、ハンドシェイプならではのオーダーのクリエイティブな面白さですね。

オルタナティブな匂いに合わせたロービングリーシュもクールなオーダーですね。

le

で、ピックアップして来たオーダーいただいた雷魚6’2

161219ond

バラクーダ→ラリアットと乗っていただいたユーザーさんからのオーダー。

短くてもテイクオフが早いヨシノシェイプを実感していただき、まだまだイケると実感の上に雷魚をチョイスいただきました。

そんなモデルでもあるんですよね~

いまだに不同な人気モデル。

スタイルに合わせたフレンドリーな良く走りコントロールも軽い雷魚をメインボードのひとつに加えてみてはいかがでしょうか?