久々のバレルの中・・・ニューモデル

強風でコンディション定まらない最近のコンディション

夕方やっと風弱まりそうだったので、そろそろニューモデルのテストも兼ねてサーフ。

161228b

レングスは5’11

フィンはインフィルキットを使用して、とりあえずベーシックなM7、そしてモデルのロッカーデザイン的にセンターフィンをM5と少し小さ目をセットしてみました。

まずパドルがデザイン通りに速く楽!

テイクオフの滑り出しのきっかけも、このモデルのデザイン的にメッチャ早い!

なのでどんな所からでも滑り出し早く、余裕を持ってアプローチ出来る乗りやすさ。

で、今日はセットでカタ~アタマくらいあったんだけど、厚めな中々割れづらいブレイクながら割れると掘れ気味にブレイクするピーク。

掘れ上がるピークの滑り出す距離少な目にドロップして、すかさずボトム、ボトムと意識をしてラインを取るように推進スピード素早くアプローチ。

最近意識している肘から水面を触っていくかのように体を倒していくと、じんじんレールがドライブしていくのを感じながらスムースに加速してボトムターンで粘る。

瞬間、目の前のフェイスが巻き上がるのを感じ、すかさずテールをフェイスにねじ込み合わせるようにストールしながら切り返すと、気付けばバレルの中。

この時のテールの切り替えし反応、イメージ通りのテールデザインチョイスが功を奏して素早かったなぁ~

バレルの中で出口を目指し2ターンして出口で潰されましたが、久々のバレルを楽しめちゃって、ちょっと興奮。

やっぱ出来る限り深いボトムターンのライン取り、パフォーマンス上げるにも大切なんだね~と痛感。

ラインが変わればアプローチも変わりますね。

ショルダーも変わって来る。

やっぱ意識って大切。

このニューモデル、いいですね!調子いい感じです。

新しく試しているテールキックによる反応も、とってもいい感じです。

とりあえずフィンのチョイスの必要性を感じたところはありましたが、その辺はこれからジックリ試してみて行こうと思います。

初乗り、いきなりのバレルインには、益々このモデルの可能性を感じられた1ラウンドでした。