全てFCSⅡPERFORMER Lをセッティング・・・FWD

今日は午後から風が弱まる予報だったので、潮が動く時間を狙ってサーフ。

使用モデルは今年のニューモデルFWD。

170131fwd

このモデルでのフィンテストでは、NEO GLASS PERFORMER Lをフロントフィンに。

バックフィンにはPERFORMERのMをセットして軽快さよく調子の良さも感じていましたが、

波によってはテイクオフで新たな強めたテールキックロッカーの影響か、多少ブレを感じることもあり、またボトムでのタメでの多少のフラつきを感じる事もあって気になっているところでもありました。

そこで本日はバックフィンもLサイズをセットしてみました。

170131b2

これが凄くいいフィーリングでしたね。

多少パドルでの重さも感じる所ありましたが、気になるほどでもなく、どんなブレイクでもテイクオフのブレは無くなりスムースにアプローチしていけます。

ボトムターンでのタメもがっつり来るフィーリングで、気持ちよくアクションを攻めていけることが出来ました。

このPERFORMERのLサイズは、従来のM7よりも若干小さ目なんですよね。

その辺も自分の体型的にビンゴなフィーリングで気に入っているところでもあります。

しかしこのFWD、そしてFAT DRIFTERでも言えるところですが、テイクオフがとっても「ずっち~~~なぁ~~~」系です。

ユーザーインプでも乗った皆様が感じていただいている所でもありますが、今までにないテイクオフの早さフィーリングなデザインです。

まさに、最近の中々割れづらく、パドルしまくってもどうも滑り出させづらいといったコンディションでも、テイクオフ性能に強みを持たせたネオなサーフボードとなるデザインになっています。

今までのヨシノシェイプに乗っているユーザー様も、またヨシノシェイプにまだ乗っていない方にも、ぜひ乗って感じていただきたい面白さですよ!

特にFAT DRIFTERはすでに人気モデルな兆しになって来ています。

FWDはニュートラルなコントロールがスムースなオールラウンドバランスなロッカーデザイン、FAT DRIFTERはパワーレスな小波での推進スピード性能&イージーカーヴターンをスムースに楽しめるロッカーデザインになっていますので、

使用目的やスタイルによってチョイスされるのがおすすめです。

ところで中古ボードを販売しようと一時アップしましたが、やはり申し訳ありませんが販売を取りやめました。

さて1月も早くも本日で終了ですね。

オーダーフェアは2/28までなので、新たなサーフボードをご検討で少しでもお安くゲットしたいとお考えの方はお早目に!

FAT DRIFTERの最新ユーザーインプレッション投稿更新しました

最新ユーザーインプレッション

久々に小波用のKF2でサーフ

今日は午前中、オーダーいただいているお客さんのレールチェックに工場に。

夕方にサーフ。

今日の気分はKF2

170123b

新しいモデルなどで、最近影を潜め気味なモデルですが、

テイクオフの早さはパワーレスなブレイクでも大変早く、

このモデルならではの魅力はフットオリエンテーションはニュートラルな乗りやすさ。

レールワークの軽快クイックなコントロール性。

ボトムターンでのドライブ性。

そしてトップでのアクションやカットバックでのルースでクイックなパフォーマンスのしやすさ。

KF2はK-FISHのテールヒップを強めた、更にバーティカルな反応もアップさせたモデル。

癖のない乗りやすさの反応の良さは、はじめてセカンドボードとして小波用を持たれる方にも大変おすすめなモデルです。

K-FISHもKF2も定番人気モデルです。

個人的にはこのモデルではクアッドセッティングで楽しむのが相性いいかな。

FAT DRIFTERとFWDを並べて比べてみた

fdfwd

FAT DRIFTER(左)とFWD(右)を並べてみた。

FAT DRIFTERの方がポッテリ、FWDはシャープになっているのが見て解りやすいかと思います。

両モデル、とにかく基本コンセプトとしてパドルの安定や速さによる楽さ。

そしてテイクオフの滑り出しの早さと加速推進スピード性能に優れたモデルとして重点を置いたコンセプト。

違いはFAT DRIFTERは小波用コンセプトにデザイン。

そしてFWDはオーバーヘッドまで対応出来るようにデザインしたオールラウンドコンセプトなモデル。

どちらもノーズ寄りにワイデストとボリュームを持つテンプレートデザイン。

違いとしては

FAT DRIFTERの方がノーズワイドが広めで、ダブルバンプにパワーレススモールウェーブの弱い波のパワーを得られやすくワイドテールに広めにキープ。

ワイドなテールであってもダブルバンプでターンのきっかけを作りやすく反応を高めています。

ロッカーはテールエリアをナチュラルに強めなカーブを持つテールロッカーを採用。

FAT DRIFTERはスモールウェーブでのパワーレスな厚いセクションでも、ノーズよりの推進性高い上にテール寄りのターンをイージーにカーヴさせやすいといったコンセプト。

急激に変化するビーチブレイクでの急激に変化するコンディションにイージーターンをするのにも強いと言えるデザイン。

ファーストセクションでショルダー張りながらも厚くシフトしてしまうようなブレイクやオンショアコンディションであっても高いメリットを得られます。

ノーズで加速、そしてテールでターンと、比較的ハッキリしたコントロールフィーリングも特徴。

パワーレスなブレイクでも走りやすくスピードを得やすく、そしてテール寄りの強めなロッカーを使ってのターンフィーリンリングがイージーといった感じ。

割れづらくブレイクするとワイドに速く割れるといったコンディションでも、テール寄りのターン性能が素早いファーストターンを可能にしてアプローチの素早さを可能にして、速くワイドにブレイクする波をフロント加速なしやすさで一気に走り抜けやすいといったポテンシャル。

FWDは前よりのワイデストな推進スピード性能を誇る中で、オーバーヘッドまでもオールラウンドに楽しめるモデルとしてデザイン。

FAT DRIFTERよりも同じノーズテンプレートを使用しながら、ノーズアウトラインを削ぎ落としシャープになっているのが並べると分かるかと思います。

サイズありゲットハードなコンディションであっても、ドルフィンも更に沈めやすくなっており、また速いサイズあるショルダーであっても素早く方向付けしやすくアプローチさせやすく、パワフルなブレイクのショルダーでのレールトゥレールも更に素早くキレ良くコントロールしやすくとデザイン。

FWDのロッカーは、FAT DRIFTERと違って、ファーストセクションな掘れたセクションでも厚くなってしまうセクションでも、サイズある変化激しいブレイクであっても失速しづらく、誰が乗っても癖を感じるころなく乗りやすいニュートラルなコントロール性も持たせるために、テールよりのロッカーは抑えているのが特徴。

またオールラウンド性能を高める上で、サイズある掘れたブレイクでも刺さりづらくノーズ先端フリップは若干強めに設定。

テール寄りの抑えたロッカーによるドライブ性が高まり走りすぎを避けたいところをイメージする中で、テールキックを強めターンの際のテールコントロールの反応を強め、また抑え気味なテール寄りのロッカーによるテールコントロールも軽快にさせるため、ハッキリとした若干強めなシングルバンプでテールエンドを絞り込ませてのデザインバランスも特徴。

このテールエンドを絞り込むことによって、パワーフルブレイクでもテールの押し上げを強すぎることなくフィットさせやすいテールエンドアウトラインになっています。

どちらもノーズよりにワイドを持ち推進加速性能に優れたデザインですが、ノーズ先端は細くシャープに切り返したデザインで、キレ味も抜群に楽しめるモデルです。

ノーズよりワイデストのデザインの様々に推進加速スピードをイージーに楽しめる中で、オールラウンドに楽しみたいならFWD、そしてパワーレススモールウェーブでも走りすぎることなくイージーなカーヴィングターンを楽しみたいならFAT DRIFTERと、あなたの求める使い道やスタイルでチョイスされるのがおすすめです。

ちなみにフィンのチョイスとしては、FAT DRIFTERはテールロッカーがあるので全て同じサイズのフィン、そしてFWDの方はテール寄りの抑えたロッカーによりニュートラルコントロールな推進スピード性能がアップするのでセンターフィンを少し小さ目にするセッティングが相性いいようです。

FAT DRIFTERでカーヴィングターン性能よりは「走り」や「ドライブ性能」に重点を置きたいといった方はFAT DRIFTERでFWDのロッカーでのチューニング調整、またFWDでFAT DRIFTERのカーヴィング性能に重点を置いて楽しみたいといった方はFWDでFAT DRIFTERのロッカーでのチューニング調整といったオーダーもアリだと思いますよ。