テールエンドワイドアレンジ・・・FAT DRIFTER

昨年のリリースから、すでにお陰様で人気を得ている小波用のFAT DRIFTER

オーダーの際、ユーザーさんの使用目的により、更にテールエンドのワイドをアレンジしているのも良いメリットに繋がっています。

170115fd

上のボードは私がオーダーしたFAT DRIFTER

DANGAN、HARD BALL、KF2、ROTOR、LARIATと小波に強い様々な小波に強いモデルを持ち乗る中で、個人的にはこのFAT DRIFTERはアタマくらいまでのミディアムウェーブでもストレスなく楽しめるように、少しテールエンドは絞り気味にオーダーしました。

メインボードの他に小波用セカンドボードとして特にパワーレスで小さなブレイクでの使用にオーダーされる方は、下のボードのように若干テールワイドを広めたデザインでのオーダーをおすすめしております。

実際湘南でも使用したユーザーさんからもテイクオフの更なる強み、そしてインサイドのパワーレスセクションでも優れたレスポンスの良さと好評をいただいております。

絞り気味でオーダーした個人的には、パドル力が強く補えるので、パワーレススモールなショボ波ブレイクの厚いセクションでも問題なく楽しめています。

基本的にはこのモデルは前よりのワイデストなアウトラインデザインにより、推進加速スピードが優れているのですが、更に小波で強みを持ちたいと望む方は、こうしたアレンジでのオーダーがおすすめですね。

こうしたアレンジをタイトに対応出来るのも、ハンドシェイプの面白みであり良さでもあると実感します。

あなたはどちらを選びますか?