テールエンドワイドアレンジ・・・FAT DRIFTER

昨年のリリースから、すでにお陰様で人気を得ている小波用のFAT DRIFTER

オーダーの際、ユーザーさんの使用目的により、更にテールエンドのワイドをアレンジしているのも良いメリットに繋がっています。

170115fd

上のボードは私がオーダーしたFAT DRIFTER

DANGAN、HARD BALL、KF2、ROTOR、LARIATと小波に強い様々な小波に強いモデルを持ち乗る中で、個人的にはこのFAT DRIFTERはアタマくらいまでのミディアムウェーブでもストレスなく楽しめるように、少しテールエンドは絞り気味にオーダーしました。

メインボードの他に小波用セカンドボードとして特にパワーレスで小さなブレイクでの使用にオーダーされる方は、下のボードのように若干テールワイドを広めたデザインでのオーダーをおすすめしております。

実際湘南でも使用したユーザーさんからもテイクオフの更なる強み、そしてインサイドのパワーレスセクションでも優れたレスポンスの良さと好評をいただいております。

絞り気味でオーダーした個人的には、パドル力が強く補えるので、パワーレススモールなショボ波ブレイクの厚いセクションでも問題なく楽しめています。

基本的にはこのモデルは前よりのワイデストなアウトラインデザインにより、推進加速スピードが優れているのですが、更に小波で強みを持ちたいと望む方は、こうしたアレンジでのオーダーがおすすめですね。

こうしたアレンジをタイトに対応出来るのも、ハンドシェイプの面白みであり良さでもあると実感します。

あなたはどちらを選びますか?

NEWモデル FWDの説明

昨日リリースした2017年ニューモデル FWDのご紹介をインプレを含め書いてみたいと思います。

17113fwd2

まずこのモデルを開発するに至ったきっかけは、海岸浸食、また3.11以来、最近のコンディションはどうも厚く割れづらいボードが滑り出しづらいといったブレイクが普段多く、そんなコンディションでも、もっと楽に沢山の波にテイクオフしやすく何かと楽して乗れるオールランドボードが欲しくなったこと。

また昨年リリースしたそんなコンディションでも小波での推進スピード性に優れ回転性やマニューバー性にも優れた楽しめるモデルとしてワイドを持たせてデザインしたファットドリフターに乗り調子よく楽しんでいる中で、ファットドリフター独自にワイデストを少し前よりデザインした性能のメリットで、もっとサイズあるコンディションであっても掘れるセクションであっても厚いセクションであっても、もっとオールラウンドに強く、そしてもっとシャープにキレ良くニュートラルなコントロールでも楽しめるオールラウンダーなボードが欲しくなったことがきっかけ。

このFWDのデザインイメージを簡単に言えば、雷魚のオールラウンドにフレンドリーな乗りやすいポテンシャル、そしてファットドリフターのフロントワイデストによる推進加速スピード性能のヤバいポテンシャルをミックスさせ、そして更にバーティカルな反応も瞬発力高めるようにデザインしているといったところ。

雷魚ではまだまだシャープでキレの良いポテンシャルを求める個人的には、広めなノーズワイドが今のところ不要に感じ、ファットドリフターでの小波用としてデザインしたワイドボリュームがサイズあるコンディションではもっとシャープにしたものを乗りたくもなり、そしてもっとバーティカルに瞬発力の高いテールコントロールも欲しいといったところで、このモデルを考えて行くことになりました。

シャープなポイントノーズながらワイドを持たせたMDRやSUPER BALLよりも、更に普段メインととなるパワーレスな厚いコンディションであってもフレンドリーに何かと楽して乗れ攻められるいった、ハイパフォーマンスショートボードカテゴリーに属するモデルとしてデザインしたわけです。

まだまだキレの良いハイパフォーマンスアクションを攻めることを心情に頑張る私ですが、今年の2月で気付けば50歳。

まだまだ仕事柄も高いモチベーションを持ちながら日々サーフィンに取り組みながらも、やっぱり気持ちはあっても年齢的には何かと楽をしたいといったところは避けられないところ。

若いサーファーが混じる混んだピークでそんな私でも普段使いに少しでも多くの波をゲット出来て積極的に乗って攻められる、そんなボードがあればなと開発に至ったわけです。

同じ年代の方や、割れづらい厚いパワーレスブレイクなコンディションでのサーフィンが多い方などにとって、強い味方となるオールラウンドハイパフォーマンスショートボードになるわけですね。

まずオーバーヘッドといったコンディションであっても、楽してパドルやテイクオフの滑り出しの早さをイメージする中で、ファットドリフターでのワイデストポイントが前よりにデザインされたテンプレートを使用。

ただファットドリフターと同じにワイドを持たせるのではなく細目にしたことで、しっかりフロント荷重なパドルのしやすさや安定、またテイクオフの滑り出しの早さや前足プッシュしやすい優れた推進加速性をキープ出来ながら、キレの良さをイメージ。

ロッカーは雷魚のオールラウンド性の高いフレンドリーな乗りやすさと、優れた推進加速スピード性といった性能をベースに、更にバーティカルなアクションへの瞬発力を高めるためにテールキックを少し前より設定して強めたデザイン。

ノーズアウトラインボリュームを加速性を高めるためにデザインして、ロッカーを雷魚ベースにしたプレーニングからテールロッカーを抑えたデザインとなることでのテールコントロール性の軽さをイメージする中で、シングルバンプではっきりとテールエンドにかけて絞り込み、テールの反応を素早くすることを意識したデザインとなっているのが特徴となります。

では様々なフィンテストも済み、ビンゴと感じるフィンセッティングも見つかった上でのインプレッションを書いてみますのでご参考に。

まずこのモデル、しっかりフロントワイデストの恩恵を少しノーズをシャープにしましたが、しっかり感じられます。

パドリング・・・凄く楽です。

漕ぎながらプッシュも出来るので、速いです!

安定性もグッドに楽です。

テイクオフの滑り出し・・・メッチャ早いです。

厚いところからでも、ムネとアゴの辺りから走り出す感覚。

ラウンドノーズな牽引されていくように素早くスイッチが入り滑り出させてくれる早さです。

ノーズ先端のフリップが少し強めにデザインされているので掘れるセクションからでも刺さりづらく、厚いブレイクではエントリーロッカーは抑え目なデザインなのでストレスなくオールラウンドに対応してくれるテイクオフのスムースさです。

今日は外がビュービュー音が鳴るほど強いオフショアが吹くテイクオフで煽られ抑えられるコンディションでしたが、フロント荷重に落としていきやすいので周りが苦戦して乗りきれないブレイクでも面白いように滑り出させてくれました。

そしてフロント荷重加速が凄く優れているデザインとなるので、トップスピードのままグングン走ってくれます。

波にパワーがなかったり、今日のようにブレイクが抑えられてブレイクしきらない波でも、ちょっとフロント荷重にノーズをプッシュすると、面白いように走り抜けて行ってくれます。

ワイドに速いブレイクであっても、やはり同じようにフロント荷重にボードプッシュすると、面白いように抜けてくれて、抜けたショルダーでテールキックの反応素晴らしく、瞬時にアクションを楽しませてくれます。

このFWDのプレーニングからテールにかけてのロッカーはニュートラルなコントロールが優れているデザインになるため、ノーズプッシュに得られた加速でドライブ能力も大変優れているところを感じます。

ファットドリフターのデザインよりもソフトタッチなカーヴでのコントロールではありませんが、ターンの際にテールキックを使えばカットバックも大変スムースにスピーディーに回せて行けます。

昨日今までのない感触を感じたのですが、カットバックで回した後に厚くなってしまった所で、スッとフロント荷重に乗っただけで失速することなく加速して、何度もカットバックを繰り返しながらロングライドに繋げられたのには、凄くシビレちゃいましたね。

ボトムからリップへの反応もフロント荷重にとっさのスピードコントロールのイージーなので、軽々メイクしていける感じです。

FWDのモデル名は、まさに前輪駆動!

フロントウィールドライブってな感じなのでFWDにしました。

どうも最近割れづらく滑り出させづらく、もっと波に乗りたいな!そして楽にスピードコントロールしやすくキレ良く攻めたいな!っとノーマルショートタイプのボードを求める方は、ぜひこのFWDをオーダーされ試されてみて欲しいです。

絶対後悔させない絶好調なフィーリングを私自身感じておりますので(^^)v

ちなみにフィンはFCSⅡ PERFOARMERなら

体型的にMを使用される方ならバックフィンをSに

体型的にLを使用される方ならバックフィンをMとロッカーデザイン的にもバックフィン小さ目をセッティングされるのがおすすめかとテストで感じています。

170112b

昨日の夕方、また今日は波が小さくパワーも少なめだったので、インフィルキットを使用してM7とM5をセットしてサーフしてみましたが、パワーなくマッシーで柔らかいブレイクにはグラスフレックスはスナップを使えて調子よかったですね。

17113fwd1

FCSⅡフィンのグラスフレックスを使用したいのですが、Lサイズが展開が今のところないんですよね。

NEO GLASSは若干硬めなので、個人的にはブレイクにパワーあったり掘れるショルダー張るブレイクではフレックスなバネの伸びを感じて調子いいのですが。

 

オルタナティブな風合い強まったLARIAT

今日の事務所周辺はクローズアウト。

私は用事で遠征出来ずノーサーフ。

波がデカくなるのはいいのですが、クローズは勘弁です。

ニューモデルのフィンテストもしたいところなのですがお預けです。

明日落ち着いて出来ることに期待です。

d-lariat

このLARIATは普段はヨシノシェイプのミッドレングスをメインにするお客様から、短めにクアッドでもレスポンスよく楽しみたいといった要望から、シングルにも相性良く、スカッシュフィーリングにクアッドでもレスポンスグッドに浅めなダイアモンドテールでの提案でオーダーいただいたチューニングバージョン。

チャンネルにも興味をいただき、ドライブの伸び優れる4チャンネルでのオプションオーダー。

ラウンドピンテールではなくダイアモンドテールな形状にしたので、テールのレールラインもストレートなフィーリングになって、チャンネル効果からも凄くドライブを楽しめそうですね。

なんか私も乗ってみた~い!ってそそります。

ノーズライドを楽しむ時のかっ飛び感も凄く気持ちよさそうです。

オルタナティブボードな風合いも、強まったデザインな感じになりましたね。

こんなモデルにない発想や独創性、やっぱりボード作りでつくづく楽しい所で、ワクワク感も強まる所でもあると感じます。

4ch

テール形状からのチャンネルのフィーリングが、ボンザーな感じにもなって凄くスピードを楽しめそうです。

リップアクションなど攻めのサーフィンをすることなく、テイクオフ早くハイスピードで軽快なコントロールをショートフィーリングで楽しみたいといった方は、こんなボード凄く楽しいので、ぜひ!