ワイドノーズのメリットとデメリット

最近北西よりのオフショアな強風が多い事務所周辺のコンディション。

こんなコンディションでラウンドノーズなどのワイドのあるボードに乗って感じるデメリット。

ラウンドノーズ系のボードは、厚くパワーレスなブレイクの波ではノーズをプッシュさせスピードをつけやすく、厚くパワーレスに割れづらいブレイクでもテイクオフを滑り出させるにも、また厚く力なく柔らかくブレイクするスロープの緩いショルダー張りづらいセクションでも加速を得やすいといったメリットを大変強みに感じるところ。

でもテイクオフの際前から吹いてくる強風のオフショアでは、どんなに滑り出しの早いテイクオフが早いラウンドノーズ系のボードであっても、幅広いノーズに風が当たってしまい、強風でノーズが煽られるように落としづらくなり、テイクオフの滑り出しで抵抗を感じてしまうデメリットを感じることがあります。

特に波が小さく、ノーズを落とし込み滑り出させるスパンが短いほど、風による抵抗が邪魔に感じる感じで。その分パドルも必要になりますが、ブシャ~っと前が見えなくなるほどの水しぶきとの格闘もしなければならなくなります。

オフショアの強風でのテイクオフでは、ノーズは比較的シャープなポイントノーズ系の方が強みに感じるところですね。

あとこんな日は長さのあるボードというのも強みにもなる気がします。

2016~2017年モデルのFAT DRIFTERやFWDは、ノーズワイデストが広いながらもパドルでのムネからアゴくらいのワイデストが広めに滑り出しや加速にメリットを得られるデザインで、ノーズ先端にかけてはシャープなポイントノーズになっているので、最近のオフショアの強いコンディションでも凄く強みになるモデルであるとも感じています。

波のサイズだけのコンディションだけでなく、風のコンディションによっても違ったタイプのモデルを持っていると、やはりサーフィンの楽しめる幅も広がるのでオススメです。

さて、すでにホームページでサーフボードモデルをチェックしていただいている方はご存知かと思いますが、各モデルのサイジングについての簡単な項目のチェックのみな問い合わせフォームを各モデルページに設けました。

form

自分にはこのモデルではどのくらいのサイズがいいのかな?とひとまずの目安を知りたい方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

ドライブ、そしてピボットなターンに調子いいセッティング

FWDで色々フィンを試している中で、ドライブ、そしてピボットなターンで攻めやすく感じるフィンセッティング。

170209b1

170209b2

フロントフィンにFCSⅡのNEO GLASS PERFORMER L

バックフィンにはPCC5

テールエンドキックロッカーを強めたリリース素早く瞬発レスポンス性高いFWDなので、

スイープ高いPERFORMERのMでも調子はいいものの、ボトムターンのタメでちょっとルースフィーリング強く、スイープの少ない立ち気味のPCC5の方がピボットなターンで安定感よく攻めやすい感じがするかな。

マニアックなフィンセッティング?ですが、このモデルでは個人的には相当にグッドフィーリングかも。

 

さて、オーダーフェアは今月2月末で終了させていただきます。

キャンペーンの一環としてサーフボード本体価格を、現金特価97.200円(税込)クレジットカード決済価格101.520円(税込)にて価格改定をして販売して参りましたが、オーダーフェア終了後の来月3月からは誠に勝手ながら通常価格である現金特価価格108.000円(税込)クレジットカード決済価格112.320円(税込)に戻させていただきます。

また5プラグチャージ料金、カーボンパッチ料金のサービスも終了とさせていただきます。

気になる興味を持っていただけるモデルをお安くゲットしておきたい方は、ぜひオーダーフェア期間中にお早目のオファーいただけることをおすすめさせていただきます。

2017年 FCSのカタログが届きました

FCSの今年のカタログが届きました。

fcs-c

今年変更となったモデル、また新たにリリースされたモデルをずらっと紹介します。

ベーシックモデルはこんなデザインに変更

REACTOR PC-CARBON

fcs-ii-reactor-pc-carbon-fin

S BASE107mm DEPTH 113mm AREA 9150 SWEEP 31.9

M BASE110mm DEPTH 116mm AREA 9650 SWEEP 31.9

L BASE113mm DEPTH 119mm AREA 10150 SWEEP 31.9

3サイズのリリース

REACTOR PC

fcs-ii-reactor-pc-fin

RECTOR NEO GLASS

M BASE110mm DEPTH 116mm AREA 9650 SWEEP 31.9

1サイズの展開

fcs-ii-reactor-neo-glass-fin

M BASE110mm DEPTH 116mm AREA 9650 SWEEP 31.9

1サイズの展開

全てパープルカラーからグレーに変更

スイープが少なく、タイトなターン、そしてスナップなターンが得意なフィン

フラットフォイルなフィンとなります。

今季より、このREACTORはリリースを素早く出来るようにセンターフィンが小さ目なセッティングデザインになりました。

PERFORMER PC-CARBON

fcs-ii-performer-pcc-fin

XS BASE105mm DEPTH 109mm AREA 8854 SWEEP 33.7

S BASE108mm DEPTH 112mm AREA 9054 SWEEP 33.7

M BASE111mm DEPTH 115mm AREA 9554 SWEEP 33.7

L BASE114mm DEPTH 118mm AREA 10054 SWEEP 33.7

XL BASE117mm DEPTH 121mm AREA 10554 SWEEP 33.7

5サイズのリリース

PCCはデザインだけでなく、内部のハニカムも変更されてますね

PERFORMER PC

fcs-ii-performer-pc-fin

S BASE108mm DEPTH 112mm AREA 9054 SWEEP 33.7

M BASE111mm DEPTH 115mm AREA 9554 SWEEP 33.7

L BASE114mm DEPTH 118mm AREA 10054 SWEEP 33.7

3サイズの展開

PCはカラーだけでなく内部のハニカムが大きくなってます。

インサイドフォイルのフィンとなります。

NEO GLASSは昨年のままのデザイン

ACCELERATOR PC-CARBON

fcs-ii-accelerator-pcc-fin

S BASE109mm DEPTH 113mm AREA 9360 SWEEP 33.7

M BASE111mm DEPTH 116mm AREA 9860 SWEEP 33.7

L BASE114mm DEPTH 119mm AREA 10360 SWEEP 33.7

3サイズの展開

ACCELERATOR PC

fcs-ii-accelerator-pc-fin

GROM BASE100mm DEPTH 105mm AREA 7985 SWEEP 33.7

M BASE111mm DEPTH 116mm AREA 9860 SWEEP 33.7

2サイズの展開

フォイルはフラットなフィンになります。

NEO GLASSは昨年のままのデザイン

CARVER PC-CARBON

fcs-ii-carver-pcc-fin

M BASE113mm DEPTH 115mm AREA 9650 SWEEP 37

L BASE116mm DEPTH 118mm AREA 10150 SWEEP 37

2サイズの展開

CARVER PC

fcs-ii-carver-pc-fin

M BASE113mm DEPTH 115mm AREA 9650 SWEEP 37

L BASE116mm DEPTH 118mm AREA 10150 SWEEP 37

2サイズの展開

フォイルはフラットなフィンになります。

NEO GLASSは昨年のままのデザイン

その他追加されたフィンは

JW

ジュリアン・ウィルソンのシグネーチャーフィン

長いレイクがよりパワフルなターンを実現し、リーディングエッジの微妙な傾斜(べベル)によりハイスピード時におけるターンへの移行をスムースに行うことが出来るといったフィン。

fcsii_jw_grom_fin85b292fe9ed64df28ce1a46222117512

GROM BASE104mm DEPTH 106mm AREA 8264 SWEEP 35.8

fcsii_jw_medium_finf40dbc0f18734ff19e213f125a1473c5

M BASE113mm DEPTH 116mm AREA 9763 SWEEP 35.8

fcsii_jw_large_fin547e26f47c104ccc871a59c5c285bcad

L BASE116mm DEPTH 119mm AREA 10262 SWEEP 35.8

フォイルはフラット/べベルなフィンになります。

Lサイズがあるので、個人的にも大変興味のあるフィンです。

3サイズの展開

JS

オーストラリアのジェイソン・スティーブンソンがデザインしたフィンです。

ハイロッカーに適し、十分にレールを使うことのできるパワーサーファーに適したフィンだそうです。

fcs-ii-_js_tri-set_side-medium

M BASE115mm DEPTH 115mm AREA 9730 SWEEP 36.2

fcs-ii-_js_tri-set_side-large413f868c32074607ad02834965da1713

L BASE116mm DEPTH 117mm AREA 10200 SWEEP 36.2

フラットフォイルのフィンになります。

2サイズの展開

このフィンもLのサイズ的に個人的には興味あるフィンです。

SUPER

SUPER BRANDテンプレートで、スイープが大きく、ボトムでの強いドライブとコントロールを得ることが出来るといったコンセプトのフィンです。

センターフィンが小さ目なフィンで、掘れた波でのテールリリースがしやすいそうです。

fcs-ii-super-pc-side-fin

M BASE113mm DEPTH 115mm AREA 9650 SWEEP 37

センター:

M BASE113mm DEPTH 115mm AREA 9650 SWEEP 37

L BASE110mm DEPTH 112mm AREA 9160 SWEEP 37

センター:

L BASE113mm DEPTH 115mm AREA 9650 SWEEP 37

フラットフォイルのフィンになります。

2サイズのリリース

QUADセットもある展開です。

 

そして最後に個人的にも凄く興味あるフィン!

ft

個人的に今熱いサーファー、フィリッペ・トレードのシグネーチャーフィンです。

高いマニューバー性能を持ち、ターンの際に並外れた安定性を発揮してくれるフィンだそうです。

M BASE112mm DEPTH 115mm AREA 9630 SWEEP 35.2

L BASE115mm DEPTH 118mm AREA 10130 SWEEP 35.2

2サイズのリリース

フォイルはJW同様に

フラット/べベルなフィンになります。

これはとりあえず試してみたい、一番今興味あるフィンかな。

HARD BALLの最新ユーザーインプレッション投稿更新しました

最新ユーザーインプレッション