テールキックロッカーとフィンの相性

今日は夕方FWDでサーフ。

170515b

自分の乗るFWD。

新しいハイスピード系ロッカーのテストも兼ねて、テール寄りのフラットなロッカーからテールエンドはセンターフィン辺りすべてを強めにキックさせてシェイプしてもらったタイプ。

このロッカーでフィンを試した中で、フロントはFCSⅡのパフォーマーLで全く問題なく調子いいんだけど、バックフィンそのままだとテールコントロールがルースが強い感じ。

特にボトムターンでフラつく感じの時があり、トータル的にはイマイチなセッティングに感じるんですよね。

テールキックが強めなので立ったフィンではとM5をセットすると、このフラつくルース感が抑えられて強いテールキックの反応の良さが活きて調子いい。

パフォーマーフィンのスイープは33.7°

M5は33°

M5の方がちょっと立っていて、パフォーマーの方が寝ているフィンなんですよね。

なのでテールキック強めたテールには、この立ったM5の方がホールド感高まり、フィンの駆動もしっかりと活かせて、強いテールキックによるルースも抑えられるんでしょうね。

今日はアタマくらいのワイドに速めなパワフルなブレイクで、バックフィンにPC7をセットしてサーフしてみました。

170515f

これ、更にドライブ感とホールド感高まり、コントロールもしやすく凄く良かったです。

昨日JOEくんにもこのFWDに全てパフォーマーのLでのセッティングでちょっと乗ってもらいましたが、

やはり私の感じるルースな点をフィードバックに指摘していました。

実際リリースしているロッカーは、ここまでテールキックを強めていないので、普通にパフォーマーをセットしても楽しめるようになっています。

個人的にはこのテストロッカーのボード、フィンで調整すれば凄く面白く調子よく気に入っているんですけどね。