今、自分にとっての究極な小波用セカンドボード

波ねぇ~なぁ~

モモ、あってもコシ、、、

小さなウネリの筋は厚く割れづらく、コシくらいの大き目なウネリが何とか割れてもショアブレイクな厚くワイドにつぶれるようにブレイクする波。

先日セカンドボードの話をしましたが、こんな見た目フラットなやる気が起きないショボ波コンディションでも、とりあえず海入るか~という気にさせてくれ遊ばせてくれているのも、今の自分的に究極な小波用セカンドボードなラリアットがあるからなんですよね。

170624l1

170624l2

個人的にはテストボードでまず6’0のレングスで試しましたが、パフォーマンス性よりはテイクオフ重視なクルージングスタイルなモデルなので、6’0でのフィーリングは軽快に楽しめるミッドレングスボード(ファンボード)なフィーリングで楽しめました。

この6’0の長さでもテイクオフ性能はヤバいですね。

ウネリが切り立ちきらない所からでも、スムースに滑り出してくれちゃいます。

ショルダー張れば、ビュイ~ンと伸びのあるターンを楽しめ、ショアブレイクの速いセクションはノーズライドでスピーディーにクルーズなどと。

ブレイク良ければシングルセッティングでも気持ちよくスムースにカットバックも楽しめせてくれる。

ただショルダー立ってくれば、自分はどうもリップしたくなってくる。

この長さではやはり重いかなといったフィーリング。

なので自分用にシェイプしてもらったのは5’10。

短くしうた分、ドライブの伸びを意識してのチャンネルオプションで遊んでみました。

多少テイクオフでの駆動感は長いボードよりは劣る感もありますが、やはり乗ってからは6’0同様なスピーディーなクルーズ&グライド、そして軽快さも加わってリップ見つければバッチンと攻めることも出来る楽しさ。

ショアな小さな波がブレイクしてしまっても、波の下を楽に走って行けるので、確実にロングライドが楽しめるのもショボ波キラーなところ。

こんな日は気分もノンビリモードに、チャンスあればトップアクションも!って感じで楽しむのもいいですよね。

周りのショートのサーファーは乗れてもシゴイて走るのに精いっぱいな感じに、元々リッピングなどのアクションは出来ないんですからね。

このラリアット、小波用ですがサイズある時も楽しいんです。

特にショルダー張る時は、シングルでのターンを楽しむのが最高ですね。

今日のようなショルダー張りづらい厚いパワーレスな柔らかブレイクやワイドな速いブレイクなどでは、サイドにスタビライザーフィンをセットした方がラジカルなフィーリングが高まりおすすめかな。

このモデルは自分のスタイルに合わせてオーダーしていただきたいボードですね。

フィンプラグセッティングも5プラグでトライやクアッドで楽しんだり、ボックスとクアッドプラグにシングル・シングルスタビ・クアッドなどと更にマルチに楽しんだり、チョイスは色々です。

やっぱ普段ショートやっている人が、波がショボいからとロングやミッドレングスに変えると掛け離れすぎちゃんですよね、フィーリングが。

なのでこのラリアット、ショートボーダーにほんとおすすめなお遊びボードなんです。