フィッシュを乗ってみた

先日ライディング画像をこのブログで載せたら、ちょこちょことお問い合わせをいただく程気になっていただけているヨシノシェイプのサンディエゴフィッシュ。

吉野自らに楽しむためにシェイプされたこのFISH。

私も乗ってみました。

fish-img

このタイプは比較的ノーズは細目で、センターからテールにかけて緩やかにカーブを持つアウトライン。

レトロなサンディエゴフィッシュは、センターからテールにかけて直線的なストレートなラインがメインですが、

テールラインがストレートになるほど、ターンでのドライブの伸びが良い感じになりますが、このボードは比較的マニューバーも意識してのライン。

試乗したのは見た目フラット!

長いセットを待ち、たまぁ~に入るセットは素直に割れづらく、ショアで速くワイド気味にブレイクするといったコンディション。

まず驚いたのがパドルの速さ!

ヨシノシェイプのパフォーマンス系ボードもパドルの速さが魅力なほど大変推進スピードが優れているのですが、

そんなボードに慣れている私としても、更にパドルの推進性の高さを感じてしまったほど速かったです。

パドルするごとにグングン加速を感じ軽さを感じました。

サイドのキールオンツインフィンが安定感としっかりとした駆動を生み、センターにフィンがないことで水の抜けを抵抗なく感じられる軽さ。

そしてテイクオフは厚いところから加速を感じるように滑り出していきます。

滑り出した際の抵抗も全く感じられない滑り出しでの抜けの良さ。

そして割れづらく速くワイドにブレイクするショルダーに、サイドのフィンを引っかけるかのようにファーストターンをすると、

グインッとサイドの大きなフィンと片方のラウンドピンテールのようなテールがガッチリにターンをさせてくれ、速いフェイスを伸び良く走っていってくれる。

この時感じたんだけど、個人的にはテールラインをストレート気味にした方が、もっとドライブを楽しめ気持ちよく伸ばせてよいかなと。

なので自分がオーダーする時はもう少し短く、テールラインをもう少しストレートに絞り気味にするデザインをイメージさせてくれました。

この辺、求めるライディングスタイルで変わってくるなと感じたところでもあります。

本日このFISHのページをアップしました。

http://www.firm-d.org/model-fish.html

このFISHに関しては、決まったモデル展開とはせず、ヨシノシェイプファクトリーならではの深いディスカッションによるカスタムオーダーメイドを基本として、ユーザー様のイメージに少しでも近づけ満足していただくオーダーモデルにしました。

こちらは先週末にオーダーいただいたフィッシュ。

6’0と少し長めのオーダーです。

af

アウトラインの線が重なっているのは、何度か書いてイメージに近づけているから。

「もう少しノーズよりにワイドが欲しいかな」とか、「ノーズ先端だけシャープに?」とか、「もう少しテールラインは広めがいいかな?」などなど。

とてもお客さんも吉野も私も楽しい時間ですね。

アウトラインが決まるとワクワク感も倍増です。

ツインの時代も多くのツインシェイプを経験しているヨシノシェイプで、今年また話題になっているサンディエゴフィッシュタイプのフィッシュボードをゲットされ、試されてみてはいかがでしょうか?

現在キャンペーンもありボード本体価格97.200円でオーダーできますので、ハイクオリティーなシェイプのツインフィッシュでこの価格でオーダーでき、しかも自分だけのイメージで形に出来る魚をゲット出来るメリットもありますのでいかがでしょうか?

ちなみにティントやバフなどのデザインも別料金にはなりますがOK!

キールオンフィンも調子いいですよ!!