波がないけどとりあえずは遊べちゃうLARIAT

波、ないですね~

波、良くないですね~

昔は外房は波がない日が無いと言われたほど、とりあえずは確実に遊べる波があったものですが、

最近はそんなことは伝説化になってしまっているほど、今日は見た目フラットと言ってもいいコンディション。

おまけに東寄りの強めな風も入って、ダラダラボヨボヨガタガタとまとまらないスネ~ヒザ、あっても何とかモモなダラダラとショルダー張らない力ないブレイク。

夕方、多少風が弱まって来た感じなので、とりあえずサーフ。

こんな日にあって良かったLARIAT!

170420l

本日はまともなショルダーないブレイクなので、シングル+サイドスタビにラジカルセッティング。

シングルフィンも6インチと小さ目。

力ないスモールブレイクなので、シングルフィンはテイクオフ重視とスピード&ドライブ重視に後方にセッティング調整。

とりあえずは数乗って、ショルダーないブレイクもノーズライドでインサイドまで繋ぎ、ミラクルショルダーあればターンを入れて遊ばせてくれました。

私は5’10と短いレングスで乗っているので、ワンステップでノーズライド楽しめちゃいます。

いっちょまえにノーズコンケーブも入れてるデザインなので、ノーズライドを遊ぶにも安定感あってスピーディー。

このアウトラインでも短く乗っているので、ショルダー張る波ではアウトラインとサイズ的に重さはありますがリップも出来ちゃうファンサーフボード。

波ねぇ~じゃんっ!って時でも、持ってたら楽しいショートボードなファンサーフボードです。

ただテイクオフが早いだけでなく・・・FWD

今日は落ち着いて来ている感じでしたが、事務所周辺は南東よりの強い風も入って、どうもまとまらない時折まだまだハードなセットも入るコンディション。

夕方まで風が弱まりコンディションも落ち着いて来るのを待ちましたが、中々風は弱まらず、南東より風交わす太東のキレメよりでサーフすることに。

今日は最近ハマっているFWDでサーフ。

170413b

うぅ~ん、やっぱりいいですね、この板。

このモデルのフィーリング、とても好きです。

コンスタントに波が入るので、結構ドルフィンも連続でゲッティングアウトするコンディションでしたが、パドルが速く楽なので全く辛さを感じません。

テイクオフは早いですか?

はい、ヨシノシェイプならではに当たり前に滑り出しが厚い所からでも早いのですが、この板は滑り出してからの加速も抜群に速い感じです。

特有なアウトラインとロッカーとのバランスですね。

ライディングでの厚いセクションを加速する際にも同じように感じるところで、前足アクセルを踏むほどグングン加速を感じるフィーリング。

カットバックも気持ちいいですね~。

厚いフェイスでもスピーディー且つテールの回転性の速さを感じるほどよく回ってくれますね。

インサイドセクションの厚くブレイクするフェイスも、加速しやすテールコントロールも軽いので、グリングリン回しながら攻めていける楽しさ。

明日は事務所周辺が楽しめそう。

明日もこの板で楽しもう。

2pg5

このセッティング、まだ試してなかったからちょっとテストしてみよう。

よく走り軽く回せる乗りやすいパフォーマンスボード・FWD

今日は北東強いオンショアコンディション。

波もモモ~コシと乏しいダラダラとフェイスなくブレイクするダメなコンディション。

気持ちはサーフィンしたい気分ですが、今日は風を交わすポイントもスモールな厳しそうなコンディションなので、サイズある波からスモールコンディションと色々な波とポイントでサーフしたので、

そろそろFWDの個人的なインプレッションを書いてみたいと思います。

fwd170410

このモデルのイメージに一番メインとなったボードは雷魚。

雷魚のオールラウンド性の良さとフレンドリーな乗りやすさは、コンディションでのボードチョイスに悩んだとしても、

小波からサイズあるコンディションでもこの1本で何はともあれ楽しめるといったオールラウンド性の良いモデル。

少し膨らみのあるワイドも感じるポイントノーズは、テイクオフにおいてもライディングの時にも、フロントプッシュな加速性に優れているので、テイクオフも凄く早く楽で、

しかも安定性も良く余裕を持ったテイクオフをどんなコンディションでもスムースに可能と出来るポテンシャルが魅力と感じるデザイン的な特徴。

ロッカーは掘れ気味なブレイクでも刺さりづらくにノーズ先端フリップは少々高め。

エントリーロッカーからテールロッカーにかけては、ストレートな推進スピードを得やすいローロッカーベース。

そしてテールエンドには少しのキックテールロッカーが施されています。

ノーズワイドが広めでも、ロッカーがローロッカーベースであっても、テールコントロールの軽さやターンでの切り返しの素早さを得られるために、テールアウトラインはダブルバンプが施されていて、

少なめなテールエンドキックロッカー、そしてダブルバンプスワローテールとのコンビネーションによって、クイックな軽快さを実現出来ています。

雷魚についての詳細ページはこちらをチェック!

この雷魚で個人的には5’11と体型的にはやや短めな長さにワイドアウトライン的にも乗っていたのですが、

やはりもっとタイトに!とパフォーマンス性の軽さを欲しいと感じる時に、このままの雷魚のフレンドリーな乗りやすさとコントロールのしやすさをそのままに、

もっとキレのある反応のあるモデルもあったら楽しいなとFWDの開発イメージが始まりました。

なのでFWDは、走りとイージーコントロールな乗りやすいパフォーマンスモデルとして人気な雷魚フィーリングで更なるキレの良い反応も楽しめる板とイメージしていただければよいと思います。

FWDの基本ベースとなるロッカーは基となる雷魚のロッカーを採用。

ノーズアウトラインイメージは雷魚同様にワイドある安定感をキープしながら、キレの良さを考慮。

またフロントプッシュな推進加速性の良さも重要視。

そこで若干ノーズ寄りにワイデストを残してノーズプッシュをさせやすく、ノーズ先端はシャープに切り替わる、一見シャープなフィーリングに見えるフィーリングにデザイン。

推進スピード性能をアップにフロントワイデストなノーズアウトラインとローロッカーをデザインする中で、テール寄りのデザインは軽快なレールワークと瞬発力をイメージする上で、

サイズあるコンディションでも押しが強すぎずにオールラウンド性能も考慮して、シングルバンプでテールエンドは絞り気味に、

そしてテールキックロッカーを雷魚よりも少し前よりから強めにデザイン。

このテールエンドの絞り込みと強めたテールキックロッカーにより、掘れたポジションからテイクオフしても丁度よいテールの押しの強さでブレイクに馴染んだアプローチがしやすくなり、

適度なルースとテールの抜けの良さがターン後半での回転性に粘りを持たせてくれ、荷重からリリースする際の気持ちよく回ってくれるターンフィーリングを感じさせてくれるのが魅力に感じるひとつ。

このポテンシャルはフェイスを思いっきりカーヴィングにカットバックを攻める際に、凄く感じているところでもありますね。

パワーレスなスモールコンディションや割れづらい厚いフラット気味なブレイクであっても、ノーズをプッシュに加速させやすいワイデストノーズアウトラインデザイン、そしてローロッカーなロッカーデザインがしっかり機能させてくれるので、

コンディションを選ばずにチョイス出来るテイクオフ性能のオールラウンド性も高さも実感できるところ。

急なボトムからのトップアプローチを行う際には、ボトムからトップへ跳ね上がるような素早さでリップアクションへと導いてくれる気持ちよさ。

雷魚もそう言えるモデルだけど、このFWDもトリップに一本しか持って行けないなら、迷わずこの1本あれば波に外れたとしてもグッドウェーブコンディションであっても確実に楽しんで帰って来れるパフォーマンスショートボードですね。

50でもキレ良いアクションをまだまだ攻めたいと頑張る私にとっても、ほんと助かるカッコ良さもあるデザインのモデルと気に入っています。

雷魚に乗っててもう少しキレの良さを求める方、また雷魚ほどのワイドは出したくないけど雷魚のような乗りやすく攻めやすいオールラウンドパフォーマンスボードが欲しいと願っているといった方にも、このFWDは絶対オーダーされて損のないボードとおすすめできます。

今、更にワイドを持たせて小波をカーブに楽しめるスモールコンディションモデルのFAT DRIFTERと共に、凄くハマってる板です。

パドルもフロントワイデストなアウトラインによって安定感高くプッシュに漕ぎやすくもあり、オーバーヘッドコンディションでもゲッティングアウトが凄く楽で、あっという間にアウトに出られるのも助かっているポイントですね。

「なぁ~んかよく走ってよく動く、とりあえず1本で色んなコンディションを楽しめる、楽ぅ~なパフォーマンスオールラウンドボードが欲しいなぁ~!」と探している方。

ヨシノシェイプのこの1本、絶対おすすめです!!

FWDについて詳しく書いたページ・・・こちらもぜひチェック!