フィッシュを乗ってみた

先日ライディング画像をこのブログで載せたら、ちょこちょことお問い合わせをいただく程気になっていただけているヨシノシェイプのサンディエゴフィッシュ。

吉野自らに楽しむためにシェイプされたこのFISH。

私も乗ってみました。

fish-img

このタイプは比較的ノーズは細目で、センターからテールにかけて緩やかにカーブを持つアウトライン。

レトロなサンディエゴフィッシュは、センターからテールにかけて直線的なストレートなラインがメインですが、

テールラインがストレートになるほど、ターンでのドライブの伸びが良い感じになりますが、このボードは比較的マニューバーも意識してのライン。

試乗したのは見た目フラット!

長いセットを待ち、たまぁ~に入るセットは素直に割れづらく、ショアで速くワイド気味にブレイクするといったコンディション。

まず驚いたのがパドルの速さ!

ヨシノシェイプのパフォーマンス系ボードもパドルの速さが魅力なほど大変推進スピードが優れているのですが、

そんなボードに慣れている私としても、更にパドルの推進性の高さを感じてしまったほど速かったです。

パドルするごとにグングン加速を感じ軽さを感じました。

サイドのキールオンツインフィンが安定感としっかりとした駆動を生み、センターにフィンがないことで水の抜けを抵抗なく感じられる軽さ。

そしてテイクオフは厚いところから加速を感じるように滑り出していきます。

滑り出した際の抵抗も全く感じられない滑り出しでの抜けの良さ。

そして割れづらく速くワイドにブレイクするショルダーに、サイドのフィンを引っかけるかのようにファーストターンをすると、

グインッとサイドの大きなフィンと片方のラウンドピンテールのようなテールがガッチリにターンをさせてくれ、速いフェイスを伸び良く走っていってくれる。

この時感じたんだけど、個人的にはテールラインをストレート気味にした方が、もっとドライブを楽しめ気持ちよく伸ばせてよいかなと。

なので自分がオーダーする時はもう少し短く、テールラインをもう少しストレートに絞り気味にするデザインをイメージさせてくれました。

この辺、求めるライディングスタイルで変わってくるなと感じたところでもあります。

本日このFISHのページをアップしました。

http://www.firm-d.org/model-fish.html

このFISHに関しては、決まったモデル展開とはせず、ヨシノシェイプファクトリーならではの深いディスカッションによるカスタムオーダーメイドを基本として、ユーザー様のイメージに少しでも近づけ満足していただくオーダーモデルにしました。

こちらは先週末にオーダーいただいたフィッシュ。

6’0と少し長めのオーダーです。

af

アウトラインの線が重なっているのは、何度か書いてイメージに近づけているから。

「もう少しノーズよりにワイドが欲しいかな」とか、「ノーズ先端だけシャープに?」とか、「もう少しテールラインは広めがいいかな?」などなど。

とてもお客さんも吉野も私も楽しい時間ですね。

アウトラインが決まるとワクワク感も倍増です。

ツインの時代も多くのツインシェイプを経験しているヨシノシェイプで、今年また話題になっているサンディエゴフィッシュタイプのフィッシュボードをゲットされ、試されてみてはいかがでしょうか?

現在キャンペーンもありボード本体価格97.200円でオーダーできますので、ハイクオリティーなシェイプのツインフィッシュでこの価格でオーダーでき、しかも自分だけのイメージで形に出来る魚をゲット出来るメリットもありますのでいかがでしょうか?

ちなみにティントやバフなどのデザインも別料金にはなりますがOK!

キールオンフィンも調子いいですよ!!

今、自分にとっての究極な小波用セカンドボード

波ねぇ~なぁ~

モモ、あってもコシ、、、

小さなウネリの筋は厚く割れづらく、コシくらいの大き目なウネリが何とか割れてもショアブレイクな厚くワイドにつぶれるようにブレイクする波。

先日セカンドボードの話をしましたが、こんな見た目フラットなやる気が起きないショボ波コンディションでも、とりあえず海入るか~という気にさせてくれ遊ばせてくれているのも、今の自分的に究極な小波用セカンドボードなラリアットがあるからなんですよね。

170624l1

170624l2

個人的にはテストボードでまず6’0のレングスで試しましたが、パフォーマンス性よりはテイクオフ重視なクルージングスタイルなモデルなので、6’0でのフィーリングは軽快に楽しめるミッドレングスボード(ファンボード)なフィーリングで楽しめました。

この6’0の長さでもテイクオフ性能はヤバいですね。

ウネリが切り立ちきらない所からでも、スムースに滑り出してくれちゃいます。

ショルダー張れば、ビュイ~ンと伸びのあるターンを楽しめ、ショアブレイクの速いセクションはノーズライドでスピーディーにクルーズなどと。

ブレイク良ければシングルセッティングでも気持ちよくスムースにカットバックも楽しめせてくれる。

ただショルダー立ってくれば、自分はどうもリップしたくなってくる。

この長さではやはり重いかなといったフィーリング。

なので自分用にシェイプしてもらったのは5’10。

短くしうた分、ドライブの伸びを意識してのチャンネルオプションで遊んでみました。

多少テイクオフでの駆動感は長いボードよりは劣る感もありますが、やはり乗ってからは6’0同様なスピーディーなクルーズ&グライド、そして軽快さも加わってリップ見つければバッチンと攻めることも出来る楽しさ。

ショアな小さな波がブレイクしてしまっても、波の下を楽に走って行けるので、確実にロングライドが楽しめるのもショボ波キラーなところ。

こんな日は気分もノンビリモードに、チャンスあればトップアクションも!って感じで楽しむのもいいですよね。

周りのショートのサーファーは乗れてもシゴイて走るのに精いっぱいな感じに、元々リッピングなどのアクションは出来ないんですからね。

このラリアット、小波用ですがサイズある時も楽しいんです。

特にショルダー張る時は、シングルでのターンを楽しむのが最高ですね。

今日のようなショルダー張りづらい厚いパワーレスな柔らかブレイクやワイドな速いブレイクなどでは、サイドにスタビライザーフィンをセットした方がラジカルなフィーリングが高まりおすすめかな。

このモデルは自分のスタイルに合わせてオーダーしていただきたいボードですね。

フィンプラグセッティングも5プラグでトライやクアッドで楽しんだり、ボックスとクアッドプラグにシングル・シングルスタビ・クアッドなどと更にマルチに楽しんだり、チョイスは色々です。

やっぱ普段ショートやっている人が、波がショボいからとロングやミッドレングスに変えると掛け離れすぎちゃんですよね、フィーリングが。

なのでこのラリアット、ショートボーダーにほんとおすすめなお遊びボードなんです。

2017年リファインモデル SUPER BALL インプレッション

 

17-sb

2015年にリリースしたSUPER BALL

バウンド感を感じるかのような軽快且つ瞬発力あるポテンシャルから名付けたほどに、イージースピードに軽快さを楽しめるのが魅力なモデル。

ショートレングスに乗れるオールラウンドパフォーマンスショートとして、カーヴィング性能を重視にハイスピードに攻めることが出来るモデルがMDR。

このMDRよりも厚めなブレイクでも更にテイクオフ性能やドライブ性能をイージーに乗れるようにデザインされているのがSUPER BALLになります。

従来のSUPER BALLはエントリーロッカーはMDRと同じながら、ノーズ先端のフリップは多少強めにデザインされていました。

そしてテールにかけてのロッカーは抑えながらコンケーブとのコンビネーションにより走破性を高めたシェイプ。

そしてテールエンドにかけて強めなキックロッカーといったロッカーデザイン。

このデザインがMDRよりも走破性を感じながら、跳ね上がるような瞬発力を感じる軽快なコントロール性を楽しめました。

それから2年経ち、最近の海のコンディションは割れそうで割れづらいといった煮え切れないコンディションが多くなって来ました。

そんな普段多いコンディションで、もっとテイクオフを早く!もっと楽にスピーディーに走りたい!そして軽快なSUPER BALLならではの瞬発力を感じる軽快さを!といったところで、今季リファインモデルをリリースすることにしました。

今までのMDRユーザー様からのフィードバックからも、波のブレイクがハッキリしてる時はMDRでテイクオフも早く全然問題なく楽しめるんだけど、

パワーレスで割れづらいコンディションでは、もっとテイクオフを確実に滑り出させてくれて、もっと楽に厚いセクションもスピーディーに攻めさせてくれたらといったフィードバックを多くお聞きしていたこと、

そして私自身、そんなボードが欲しいと感じて来たことからも開発するに至りました。

さて、2017年のSUPER BALLは何が違うのか?

アウトラインのテンプレートは変わりません。

短めなミッドレングスショートとして、短くても安定感よく乗れるようにシャープなフィーリングながらふっくらワイドを残したノーズアウトライン。

そして弱めのバンプで若干テールエンドにかけて緩やかに絞ったテールアウトライン。

リファインしたのはロッカー。

ノーズ先端フリップはMDRと同等な強すぎないフリップ感。

エントリーロッカーもMDR同様にオールラウンド性に優れたミディアムなロッカー。

そして大きく変化を持たせたのがフラット気味なプレーニングロッカー。

そのローロッカーをテール寄りまで残し気味に、ニュートラルフットローテーションでのスピード性をアップさせました。

テールエンドにかけては、自然なロッカーの繋がりからバックフィンをしっかり機能させるキックロッカーがバランスよく施されています。

実際乗ってみたフィーリングとしては・・・

まずパドリング性能が格段にアップしてますね。

見た目シャープなフィーリングながら安定感は大変よく、パドルでの推進スピードの伸びが高まっているのを確実に感じます。

ゲッティングアウト、メチャクチャ楽です。

混んでいる時はピークを追いゲット出来るかが重要になりますが、パドルが速いのでピークに入り込むのも早く、妙に波をゲットさせてくれますね。

テイクオフも明らかに滑り出すスイッチが早まっています。

ロッカーをフラットにしたからか、テイクオフでの安定感も高まっていますね。

ちょっとタイミング外してもリカバリーをさせてくれやすく、確実に狙ったブレイクは滑り出させてくれて乗らせてくれます。

さて、乗ってからですが、ロッカーをフラットベースにした推進スピードの伸びの良さを感じながら、急激な縦方向へのトップアプローチもしっかりキックテールが機能してくれて素早く軽快です。

間違いなくリファインに成功していますね。

相当に気に入ってます。

小さく厚いショルダー張りづらいブレイクでもスピードを出しやすく、軽々に攻めさせてくれる楽しさを感じられました。

フィンはPERFORMERのLのままで私の体型では調子よかったです。

オールラウンドモデルとしては、今FWDにもハマっていますが、フロントフットコントロールにハイスピードに攻めるならFWDがおすすめ!

170529fwd

ニュートラルフットコントロールに癖なくハイスピードに攻めるなら、このリファインされたSUPER BALLがおすすめですね。

只今キャンペーン中でもありますので、

好み、スタイルによって、この機会にぜひいかがでしょうか。

今年の夏は確実に乗れる本数、きっと変わって来ますよ。

どっちもキレ味抜群に乗りやすく、最高ですよ!

どちらも1本でオールラウンドに対応してくれるポテンシャルも魅力になっていただけるかとおすすめできます。