SHAPER’S SURFMEET Vol.2

ヨシノシェイプ シェイパーズ サーフミート

2016年7月30日 第2回目

強い日差しが照りつけたピーカンの陽気に恵まれた2回目のシェイパーのヨシノとサーフィンしよう!企画

波の方も南東の風が多少入り、ヨレた乗りづらくブレイク重なったショルダー分かりづらいワイド気味なコンディションでしたが、潮の時間によっては走れてアクションも入れられて、何とか参加いただいた皆さんと楽しくサーフ出来ました。

サーフボードのことやサーフィンのことなど吉野と色々な話も出来て、充実した貴重な時間を過ごしていただいたかと思います。

sms

今回は前回よりもユーザーさんとヨシノシェイプに興味をいただく方を含め7名と多くの方にご参加いただけ、大変楽しく開催することが出来ました。

お互い使用するヨシノシェイプサーフボードの情報交換にも盛り上がりました。

逆光と多くのサーファーで混雑もあり、双眼鏡片手に一生懸命皆様の撮影を頑張っていましたが、中々分かりづらくとにかく乗るサーファーを片っ端に連写したので、撮影できなかったユーザーさん、ご了承お願い致します^^;

smi

r11

r10

r8

r7

r6

r5

r4

r3

r2

r1

今回2回目の開催で多くのユーザーさんにご参加いただいた中で、こういったコミュニケーションの大切さをつくづく吉野共々感じました。

今後も時間が許す限り開催して参りますので、ご都合合いご参加いただけるユーザーさんは、ぜひ遠慮せずに積極的にご参加いただければ幸いに思います。

単純に気軽に一緒にサーフィンするといった、面倒くさいことない企画ですので。

やっぱり皆でサーフすると、より楽しいものですね。

サーフボードのオーダー時のコミュニケーションだけでなく、オーダー後のサーフィンでのコミュニケーションもとっても必要性のあるものだとつくづく感じております。

ひとまず午前中で企画は終了しましたが、気付けば4時間も楽しくサーフィンしていました。

その後時間の許す残ったユーザーさんと昼ご飯を皆で食べ、その際にも色んな楽しい話で盛り上がり。

そして一休みした後夕方もサーフ。

ほんと楽しい一日でした。

一緒にサーフしている中で、特に初級者のユーザーさんからテイクオフのことを聞かれアドバイスさせていただきましたが、サイトのテイクオフについてのページを更に画像を加えて解説しておりますので、改めてご確認されイメージを膨らませ頑張っていただければと思います。

takeoff-bnr

テイクオフで大切なこと・・・

・波を知る

・波をしっかり見る

・アウトから盛り上がるセットを見つけたら、何処でピークになり、どのようにブレイクする波なのか予測をする

・ブレイクを予測して見据えたポジショニングを出来るように、パドリングで出来るだけピークのベストポジションに入り込む

・テイクオフでどんなコンディションでもパドルする位置や滑り出させる位置のタイミングをマスターする

・正確なテイクオフの動作をマスターする

・アプローチをしっかり見ていく

などなど

練習して習得することは、テイクオフだけでもこれだけ課題を持てますね。

皆さん、一緒に楽しみ、更なる上達を目指し頑張っていきましょ~ね!!

こういったコミュニケーションを取る中で、同じシェイパーのボードに乗る気の合ったサーフィン仲間と出会えるのも、刺激にもなってサーフィンを更に楽しみ上達を出来るためにもメリットになっていただけるかと参加いただいた皆様を見ていて思います。

一緒にサーフィンする仲間探しにも、ぜひ!といった良い企画になったと思います^^

私自身もとっても楽しませていただきました・・・

ご参加いただいた皆様、改めてありがとうございました!(^o^)/

効率の良いパドリング姿勢って?

トライアングル支点のパドリング

北東の強い風が続き、ずっとコンディション乱しています。

風交わすポイントは波のサイズに乏しく、サーフィンしたい気持ちは強いながらも気持ちが起きて来ないので、たまにはサーフィンのことについて書いてみたいと思います。

パドルについて感じるところ・・・

160722pd

最近サーフィンをしていてふと思う所があるんだけど、パドリングでのバランスを骨盤の両側の出っ張りとお腹(腹筋の辺り)の三角形の所を支点にしてバランスが取れているなと。

中々続けて海に思うように行けていなかった時は、全く感じ得られなかった点。

初心者のパドリングのHOW TOなどで、慣れないうちは足を開いてパドルすると安定させやすいと目にすることがありますが、足を開くことで、骨盤が開いて安定するといったことをイメージ出来て頷けるところかな。

理想のパドリングの姿勢って、まずこの骨盤とお腹を支点にバランスを取れていて、腿から足先にかけてはボードに置くのではなく添える程度の力の入れ具合。

お尻に力が入っていない感じに。

そして胸を反るというよりも、この骨盤とおへそ辺りのトライアングルを支点にバランスを取りながらお腹から胸にかけて上体を起こすといった感じ。

顎は上げないで引く感じに。

この姿勢で腿から足先にかけては力を入れず、トライアングルゾーンでバランスを取って体を左右に揺らすことなくパドリングすることで、肩に力が入ることなく、ふらつきやパドルでの無駄な動作も軽減され疲れづらく効率的にパドリングを行うことが出来るんだと感じます。

この姿勢は肩に力も入らないので、腕も回しやすくもなるんですよね。

このトライアングルでバランスが取れていないと、足に力が入ったり肩に力が入ったりと、何かとバランスを取りづらく、パドル能力をロスしてしまうでしょう。

このトライアングル支点でのパドルでのバランスは、やはりパドルの姿勢を慣れ親しむほどに海に少しでも多く入り、また少しでも長くパドリングをすることが大切になって来ると思います。

ただ中々思うように海に行けないといった方には、サーフィンの間が空くほど海の中でのサーフボードのバランスを取るのに精いっぱいな所があり、このトライアングルなバランスでのパドリングは中々思うようにいかない所があるかと思います。

初心者や初級者のパドルの未完成な方は、やはりこのバランスを取れるようになるための、比較的長さがありワイドのあるボードの方が断然楽に感じれるようになります。

またすでにパドルが完成されている中級や上級レベルにあるサーファーで、出来るだけパフォーマンスを意識しつつも、ふらつきを気にすることなくパドルを楽にしたいといった時も、少しワイドを持たせる方が楽になって来ます。

トライアングル支点のパドリングを出来るようになるにも、サーフボード自体の安定感だけでなくスムースな推進加速性も大切になると言えます。

頑張って漕いでも漕いでも、頑張りが反映できない進めないサーフボードに乗っていると、中々余裕を持ってバランスまでも意識するのも難しくなり、パドルが辛いといった感覚が強まっていくと思います。

ご自分の今のパドリング、お腹を支点にパドルしていませんか?

どうも効率的なパドリングが出来ないんだよねぁ~という方。

ぜひこのトライアングル支点でのパドリング、意識され見直されてみて下さい。

160722

ちなみにテイクオフの際のパドルでも、このトライアングル支点でのパドルが出来ていると、滑り出した際に安定と余裕感が上がると思います。

開いた厚いブレイクではこの支点のままに、胸でボードをプッシュして走らせ、滑り出したら胸を起こしていくといった感じに。

特にパワーレスなブレイクで滑り出させづらい場合は、更に膝や腿に荷重を加え、厚い波にテールを押し込む感じに。

160722pd1

まだパドルが安定しないといったユーザーさん、「パドル速いっすね!」と言われる私の30年以上のサーフィン経験からグッドフィーリングに感じているコツだと思いますので、ぜひ試されてみていただければと思います。

SHAPER’S SURF MEET Vol.1

SHAPER’S SURF MEET

2016年6月25日(日)第1回目

朝から南寄りの強い風、強い雨、そして雷と今日は無理なのかと波をチェックしに。

思ったより風の影響はひどくなく、雨は午前中には上がる予報でもあったので、決行することにしました。

参加メンバーのうち、一人は強い風でキャンセル、一人は体調不良でキャンセル、湘南からお越しいただいた

ユーザーさんとそのお友達の一般の方、あともう一人のユーザーさんとの3人で、午後には風は弱まって来ると

いった予報だったので、まずは店長の私と午前中サーフ。

そして午後は吉野を交えてのサーフミートを決行。

6251

6252

6259

6258

6253

6254

6256

6255

6257

弱まりながらも南よりの風は強く、セットも少なくヨレて難しいコンディションでしたが、

一日ユーザーさんとのサーフコミュニケーションを楽しみ過ごすことが出来ました。

まだ次回の開催日程は未定ですが、今後もユーザさんとのオーダーだけでなくサーフィンでの

コミュニケーションを取っていければと思いますので、お時間合うユーザー様とご希望の

ヨシノシェイプに興味を持たれる一般の方もぜひご参加いただければと思います。

今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!