テールカーボンパッチって?

オーダーフェアでチョイスのサービスのひとつ、テールカーボンパッチ。

基本的にテールの凹みを軽減する強度補強のメリットがあり、はじめのうちはドタバタと何かとボードに負担のかかる初心者であってもおすすめできるマテリアル。

カーボンによる踏込みリリースする際の反発が更なるスピードへのレスポンスアップなメリットも見込め、見た目にもカッコ良さアップなオプションマテリアルです。

反面、テールが硬くなるほど踏み込めないとフレックスを活かせないといったデメリットも。

画像1番上のパッチはカーボン素材をクロスさせ白い強度素材で編み込んだメッシュタイプ。

最も強度と反発が強く、カーボンパッチのメリットを高く求める方や、体重や脚力のある方、またテールを踏み込むレスポンスアップを求める方などにおすすめな素材。

素材的に厚みがあるため、ラミネートやサンディングでの配慮や施工能力が強度の差が出やすいマテリアル。

真ん中のパッチはカーボン素材少な目に、X状に白い強度素材で編み込んだ強度アップに横向きなカーボンで更にナチュラルなテールフレックスをキープできるタイプ。

一番下はシンプルにガラスクロス素材にカーボンを入れた素材で、ラミネートの際のカーボンによる盛り上がりが少なく均一なクロスパッチ状になるので、施工性の良さからの更なる強度アップにもフレックスを保てる、最も自然なテールフレックスを期待出来るタイプ。

強度アップにカーボンパッチは入れたいがテールフレックスに硬さが出るのが嫌な方、体重の軽い方、脚力の弱い方、はじめてカーボンパッチを試してみたい方、また初心~初級者の方など、新たに入れることが出来るようになったおすすめマテリアルです。

カーボンパッチを入れると、やっぱ何かカッコよさアップしますよね。

お好みのものをチョイスして試してみていただければと思います。

やっぱりレスポンスアップな加速感も性能的にも面白いマテリアルだと思いますよ。

FWD ユーザーインプレッション

【年齢】
55
【オーダーしたモデル】
FWD
【シェイプロットナンバー】
KZ-17079
【パドリング性能について】
パドルが速くなった
【テイクオフ性能について】
テイクオフがメチャクチャ早い!!
【アプローチについて】
縦へのアプローチが速い
【ライディングについて】
クイックなターンがグッド!,ボードコントロールの軽さがグッド!
【パフォーマンス】
ボードを回しやすい,キレがよい
【オーダーについて】
納得のいくオーダーが出来て満足
【ユーザー様からのコメント】
このFWDはとにかくスピードの出る板です。また、テイクオフの早さは今まで乗ってきた板の中では間違いなく1番です。さらに、動きも軽くよく板が回ります。

私はこの板ではレイトテイクオフはとてもできません。波の斜面の角度がある程度になると、ものすごい勢いで滑っていくので体が追いつかずスタンディングできないのです。

私にできる事は、通常よりも沖に構え、早めにパドルを開始してとにかく波の斜面の角度がゆるいうちにスタンディングすることです。また、この板はその事が十分可能な板となっています。

胸くらいの波に乗りましたが、うねりが来てボードのテイルが持ち上げられると、ロケットエンジンに点火したように板が猛烈なスピードで走り出します。ただショルダーを滑っているだけでも今までとは違うスピードです。

このFWDは車に例えるとスーパーカーです。極上の加速とクイックなハンドリング、とにかく面白い板です。これからは素早いスタンディングができるよう、少し体重を落としたいと思います。それと、私は体重が65kg以下なのでRTM HEX 2.0 FAM3のフィンを着けていますが、動きが少し軽すぎる感じがするためもう少し大きいフィンに交換してみるつもりです。

コメント:

FWDのフロントワイデストのスピード性能、そして動きの良さも満足といった私も感じているFWDならではの楽しさを感じていただけたようで良かったです。

早いからこそ早いテイクオフポジションといったところも、理解の上乗っていただけたようで何よりです。

50を過ぎても、まだまだこんなパフォーマンスショートも楽しめる!って板でしょ!って共感です。

NEW SUPER BALL ファーストインプレッション

新しくシェイプしてもらったNEW SUPER BALLを1週間ほど寝かせたので、昨日乗ってみたインプレッション。

よく「完成してからすぐに乗っても大丈夫ですか?」と聞かれますが、1週間は乗るのを待った方が良いと思います。

今までのテストで1週間ほど寝かせた方が、やはりデッキのフットマークも深くなりづらい気がします。

昨日はたまぁ~のセットでハラくらいのショルダー張りづらい厚いブレイク。

まずパドリングでは幅広いノーズボリュームが特徴のFWDのような驚異的なパドルの落さと速さは感じ得なくとも、

若干ふくらみをアップさせたノーズエリアの効能をしっかり感じられる安定感とプッシュのしやすさが、パドルを重ねるほどスムースな加速を感じさせてくれた。

まずノーズアウトラインでのチューニングしたメリットと感じられた。

テイクオフにおいても、厚くブレイクしきれないような時に、以前のアウトラインでは加速プッシュに限界を感じてしまうところを、イマイチ前に出づらくなってしまったブレイクでも更にノーズをプッシュしやすくスピーディーな安定したアプローチに導かれることが出来た。

画像のマークの上くらいがパドルでの胸の前辺りになり、ここにふくらみをアップさせたことで更なるパドルやテイクオフでの安定感と加速へのメリットに。

波のフェイスではニュートラルコントロールでの加速性がイージーに気持ちよく、テールレスポンスも軽快で思うようにラインを描けていける感じ。

レールの切り返しも素早くキレ良く、速くワイドにブレイクしてしまう波も、細かいレールワークと前へ前へと導かれるかのような推進ドライブ性がブレイクした波の下をスルスル抜けて、ショルダーセクションへと簡単に導いてくれる。

そのニュートラルな推進性とテールレスポンスの軽快さは、カットバックでも失速を感じることなくスピーディーでスムースな旋回を楽しませてくれる。

このテールレスポンスの軽快さの秘密がテールエンドに強めに施されたテールキック。

このテールキックの恩恵は急激なトップアプローチでも効果抜群で、リップアクショ逃さずに攻めていける爽快感を感じられました。

波数少なくショートラウンドでしたが、ひとまずチューニング効果をしっかり楽しめた1ラウンドでした。

やっぱりパフォーマンスショートタイプは切れ味良いパフォーマンス性が楽しいですね。

見た目もカッコいいですからねー

でもどうしても不安定感をイメージをしてしまうと敬遠気味になるのも理解できるところ。

でもこのSUPER BALLは不安定感を気にすることなく、ハイスピードイージーに軽快に乗れるフレンドリーなノーマルショートボードのタイプに仕上がっているとおすすめです。

こんな小波コンディションでもテイクオフの早さやスピード性に満足できることからもオールラウンド性能もバッチリです。

とりあえずPERFORMERでテストしましたが、全く問題なく回転性気持ちよくビンゴ!

次回はACCELRATORを試してみます。

ニュートラルコントロールに瞬発性優れたハイスピードに軽快に楽しめるオールラウンドパフォーマンスショートをお考えなら、この新しいスーパーボールをぜひ感じてみてもらいたいです。

現在の日本の普段のビーチブレイクでのサーフィンで、大変使用頻度の高いモデルになってくれることでしょう。