田中 譲PRO 小波用のオーダー

惜しまれながらコンテストシーンから離れ現役を退きながらも

先日の志田下で行われたJPSA CHIBA ICINOMIYA PROではナイスなMCや選手への楽しいインタビューを務めるなど活躍中の田中”JOE”譲プロですが

現在ヨシノシェイプにも乗ってくれています。

夏に行ったユーザー様たちとのサーフセッションでは、アーリーウープやダブルグラブエアなど積極的に飛び技もメイクを見せてくれるほど怪我の回復も順調のように、好調なJOEプロならではのアグレッシブハイパフォーマンスサーフィンを披露してヨシノシェイプユーザーにも多くの刺激を与えてくれていました。

そんなJOEプロ。

今回はオールラウンドなJOEモデルの他に小波用のオーダー。

画像を送ってくれました。

オールラウンドモデルはローロッカーベースなタイプ。

そして小波用は抑え目なノーズロッカーでテール寄りは少々カーヴがあるタイプ。

テールはチャンネルでドライブ性バッチリといった感じ。

一般ユーザーのパフォーマンスボードとしても十分に楽しんでいただけるシェイプにもなりますね。

NEW SUPER BALL ファーストインプレッション

新しくシェイプしてもらったNEW SUPER BALLを1週間ほど寝かせたので、昨日乗ってみたインプレッション。

よく「完成してからすぐに乗っても大丈夫ですか?」と聞かれますが、1週間は乗るのを待った方が良いと思います。

今までのテストで1週間ほど寝かせた方が、やはりデッキのフットマークも深くなりづらい気がします。

昨日はたまぁ~のセットでハラくらいのショルダー張りづらい厚いブレイク。

まずパドリングでは幅広いノーズボリュームが特徴のFWDのような驚異的なパドルの落さと速さは感じ得なくとも、

若干ふくらみをアップさせたノーズエリアの効能をしっかり感じられる安定感とプッシュのしやすさが、パドルを重ねるほどスムースな加速を感じさせてくれた。

まずノーズアウトラインでのチューニングしたメリットと感じられた。

テイクオフにおいても、厚くブレイクしきれないような時に、以前のアウトラインでは加速プッシュに限界を感じてしまうところを、イマイチ前に出づらくなってしまったブレイクでも更にノーズをプッシュしやすくスピーディーな安定したアプローチに導かれることが出来た。

画像のマークの上くらいがパドルでの胸の前辺りになり、ここにふくらみをアップさせたことで更なるパドルやテイクオフでの安定感と加速へのメリットに。

波のフェイスではニュートラルコントロールでの加速性がイージーに気持ちよく、テールレスポンスも軽快で思うようにラインを描けていける感じ。

レールの切り返しも素早くキレ良く、速くワイドにブレイクしてしまう波も、細かいレールワークと前へ前へと導かれるかのような推進ドライブ性がブレイクした波の下をスルスル抜けて、ショルダーセクションへと簡単に導いてくれる。

そのニュートラルな推進性とテールレスポンスの軽快さは、カットバックでも失速を感じることなくスピーディーでスムースな旋回を楽しませてくれる。

このテールレスポンスの軽快さの秘密がテールエンドに強めに施されたテールキック。

このテールキックの恩恵は急激なトップアプローチでも効果抜群で、リップアクショ逃さずに攻めていける爽快感を感じられました。

波数少なくショートラウンドでしたが、ひとまずチューニング効果をしっかり楽しめた1ラウンドでした。

やっぱりパフォーマンスショートタイプは切れ味良いパフォーマンス性が楽しいですね。

見た目もカッコいいですからねー

でもどうしても不安定感をイメージをしてしまうと敬遠気味になるのも理解できるところ。

でもこのSUPER BALLは不安定感を気にすることなく、ハイスピードイージーに軽快に乗れるフレンドリーなノーマルショートボードのタイプに仕上がっているとおすすめです。

こんな小波コンディションでもテイクオフの早さやスピード性に満足できることからもオールラウンド性能もバッチリです。

とりあえずPERFORMERでテストしましたが、全く問題なく回転性気持ちよくビンゴ!

次回はACCELRATORを試してみます。

ニュートラルコントロールに瞬発性優れたハイスピードに軽快に楽しめるオールラウンドパフォーマンスショートをお考えなら、この新しいスーパーボールをぜひ感じてみてもらいたいです。

現在の日本の普段のビーチブレイクでのサーフィンで、大変使用頻度の高いモデルになってくれることでしょう。

NEW SUPER BALL

今年リファインしたSUPER BALL

以前のSUPER BALLはMDR同様のちょっぴりふっくらフィーリングのフレンドリーさを感じるアウトライン。

見た目シャープなフィーリングながら、パドルにおいても、テイクオフにおいても、ライディングにおいても安定感安心な乗り心地。

リファイン前のロッカーは、ノーズフリップは少々強め。

エントリーロッカーはミディアムに刺さりづらくスピード性に優れたデザイン。

プレーニングロッカーはノーズからテールにかけてナチュラルに全体的に緩やかにカーブを描くMDRでのテールにかけてのフルロッカー部分をストレート気味に抑え、ニュートラルなスタンスでの推進スピード性能をアップに、そのロッカーバランスの中でテールエンドキックを強めたデザイン。

抑え気味なプレーニングエリアによりフルロッカーなMDRよりもスピード性と走破性に優れ、強めなノーズとテールフリップなロッカーデザインにより軽快で瞬発力のあるパフォーマンスが楽しめるといった特徴のボードでした。

新しいリファインモデルは、更に割れづらいブレイクでもテイクオフ性能をアップに、推進加速スピード性に優れ、パフォーマンス性への軽快さもキープにといったテーマで改良。

更に幅広いレベルやコンディションに対応できるようにデザインを変えました。

まず強めなノーズフリップを抑えながらエントリーロッカーに近づけることで、パワーレスブレイクであってもアクセル性能をアップ。

そしてプレーニングなストレートラインを更にダウンに後方まで伸ばし、ニュートラルなボードコントロールでも推進スピード性をアップ。

そのロッカーデザインバランスの中で、テールエンドキックロッカーを強めにデザインしてSUPER BALLならではの瞬発力と軽快さをキープしているのがリファインの特徴になります。

またアウトラインも短く乗っても安定感グッドに乗りやすいようにノーズエリアに若干ふくらみを持たせているのも特徴。

更にコンディションを選ばずテイクオフを早め、スピードを出しやすく、不安定感を感じることなく瞬発力と軽快さを持って攻めやすくさせました。

MDRはパワーレスでも比較的ショルダーを持つ比較的グッドブレイクで、パドルやテイクオフ性能重視よりもベーシックなノーマルパフォーマンスショートよりも短くフレンドリーな安定性ある乗りやすさの中で、乗ってからのフェイスでのカーヴィングポテンシャルの高いサーフィンを楽しむためのモデル。

SUPER BALLのターゲットコンセプトは、新たな開発において元々MDRのフレンドリーな乗りやすさをそのままに、パワーレスな良くもないコンディションでも更にパドルやテイクオフ性能イージーに、ハイスピードサーフィンの中で軽快なパフォーマンスを攻めやすいようにデザインしたモデル。

MDRが安心感持てるフレンドリーカーブモデルと言えば、SUPER BALLはフレンドリーハイスピードモデルといった感じ。

そういった両モデルのコンセプトの違いからも、リファインモデルは更に推進スピード性アップに、リファインによって性能の違いもハッキリしたと言えます。

MDR、SUPER BALLは比較的スピード&コントロールスキルのある中級者以上が適するモデルと言えましたが、このリファインによりレングス調整などで初級者でも十分オールラウンドに楽しめる幅広い層に対応できるモデルになったとも言えます。

上野ボードの画像を見ても、フレンドリーさも感じる所謂イイ感じ!でしょっ!?

日本のビーチブレイク、そして最近のどうも割れづらいブレイクなコンディションでも、とってもマッチに楽しめせてくれるパフォーマンスノーマルショートタイプのフレンドリーなボードになったとおすすめできますよー!

ちなみに前回シェイプしてもらったテストでは、あえて調子の良いMDRと同じアウトラインとサイズな6’0×19×2 3/8に乗ってみました。

長さもありパドルもテイクオフも更にMDRよりも推進スピード性アップに調子よかったのですが、抑えたロッカーによるタイトなコントロール感がイマイチに、もう少し短くとやっぱり望むように。

そこで今回は5’11×19 3/16×2 3/8と少し短くワイドも出して、またノーズアウトラインにもふっくら感を若干増した感じに。

前回のテストによるインスピレーションからテールキックロッカーも若干改良。

後日のインプレをお楽しみに!

恐らく熱いインプレになると思います・・・