ここの所人気なD-BULLETとは?

D-BULLETの人気な理由とは

週末は北東の強い風が入ってコンディション乱した事務所周辺

私は移動することなく仕事の合間にD-BULLETでサーフ。

16912db

最近よくオーダーいただくモデルのひとつで、私自身やっぱり外せない1本です。

何故このモデルが人気なのか、私がサーフする中での感じるところを書いてみたいと思います。

まず個人的にも気に入っているところですが、特徴的なアウトライン。

ノーズアウトラインはふっくら安心感持てながらもシャープなポイントノーズ。

丁度パドルでの胸の前あたりの、テイクオフで滑り出させるにもパワーレスブレイクでの加速させるにも、イージーにプッシュさせやすくスピードを得られやすいワイドあるアウトライン。

安定感高いのもフレンドリーな乗りやすさが魅力です。

やはりこのモデルならではに多くの興味をいただくテール形状。

浅めなワイドあるダイアモンドテールは、パワーレスな波でも波のパワーを受けやすく、安定した”小気味よい”イージーテールコントロールを可能にしてくれます。

テールエンドの尖った個所を支点に、左右に自由度の高いターンを楽しませてくれるのが、私自身乗っていて攻めやすく魅力を感じているところ。

ロッカーはスーパースモールウェーブ用に推進スピード性能の高いDANGANやHARD BALLベースな同様なフラット気味なロッカーを採用。

dbr

テールエンドはキックロッカーとVEEのコンビネーションにより、バーティカルパフォーマンスを攻める上でも攻めやすくデザインされています。

このテールエンドに施されたデザインは、パドリングスピードもアップさせているんですよね。

このモデル本当パドリングも速く楽なところも魅力と感じています。

個人的にはDANGANやHARD BALLの使い分けで、サイズあるコンディションも楽しめるようにセンターの厚さを薄目に、レール形状も薄目にシェイプしてもらっていますが、

特にショボい小波用と使用したい場合は、普段乗るメインボードよりも若干厚めに、レール形状もボリューム持たせてオーダーされると、

DANGANやHARD BALL同様にショボいコンディションでもテイクオフ性能をイージーに、このモデルならではのポテンシャルを楽しんでいただけるとおすすめになります。

ミニボードカテゴリーの短く乗られることをおすすめするDANGANやHARD BALLの短さに抵抗を感じる方など、長めに乗れる超反則系ボードとして乗りたい方にもおすすめできるモデルでもあると感じています。

テイクオフがショボいコンディションでも激っ早に、パワーレスブレイクでもスピードを得やすく、イージーな何とも言えない気持ちよい反応のターンを楽しめる、少し長めに安心持って乗りやすいフレンドリーな小波用モデルといった感じでしょうか。

オーダーいただいた多くの方から、楽しいボードと絶賛をいただいているモデルのひとつです。

レールチェック&ハンドペイントなお仕事

DANGANってやっぱ面白い!

昨日の夕方に海をチェックしたら、左の方しかブレイクする波がなくて、

混んでいるというよりは限られたピークにサーファーが集中してしまって、

やりづらそうなハラくらいのインサイドよりの厚めなブレイク。

今日は朝は潮が上げの時間で、月曜チームもユーザーさんが来ていたけど、私はノンビリスタート。

上がって来たユーザーさんに聞いたら、やっぱりピーク限られサーファー集中パターンでやりづらかったけど、潮の変わる時間帯は小さいながらもファンなブレイクあって楽しめたそうです。

私は午後の潮のいい時間にサクッとサーフ。

やはりピーク限られていましたが、午後はサーファー少なく、サクッとDANGANで乗りまくりアクションもしっかり攻めて楽しめました。

16905d

やっぱりDANGAN、そしてもう少し長めに乗りたくキレよく楽しめるHARD BALLは、ショートボードを楽しむユーザーさんなら、ショボ波に1本お持ちになることをおすすめしますね。

こんなアウトラインだけど、パフォーマンス性もしっかり高いのも面白い。

昨日FAT DRIFTERをオーダーいただいたユーザーさんも、DANGANも調子よく楽しんでいただいているユーザーさん。

新たな小波用にFAT DRIFTERをオーダーいただきワクワクする中、「DANGAN必要ですか?」とお聞きになられていましたが、

やっぱショボいコンディションでも沢山乗れて絶対あって楽しいボードと「必要でしょ!」と話すと「やっぱそうっすよね!」とニヤニヤ。

乗ってみたら有難さを感じる、超小波用モデルなんですよね。

昨日はご検討のFAT DRIFTERとSUPER BALLで一緒にサーフしましたが、どちらも小波でも全然乗れて楽しめます。

でもやっぱりショボいコンディションではDANGANの方がもっと乗れて遊べると、「こんな日はやっぱDANGANの方がもっと乗れて遊べますね」と海の中でも話していました。

今日の朝のユーザーさんもDANGANで入っていましたが、上がって来てからやっぱ「面白い!」とDANGANの話で盛りあがりました。

ミニボードカテゴリーのボードで短く乗るのがおすすめなのですが、短さを感じない走りとスケートボードライクに波に乗っているような軽快なパフォーマンス力はきっと病み付きにさせてくれるでしょう。

すでにDANGANを楽しむユーザーさんは、ウンウンとこれをお読みいただけているのではないでしょうか?

個人的にはフィッシュテールのDANGANもクイックに凄く楽しいのですが、ダブルバンプラウンドスカッシュのフィーリングがビンゴに来てますね。

ハイレスポンスなテールの反応が更に面白い!

徐々に風が東寄りになって波がまとまらなくなったので、工場にオーダーいただいているお客さんの代わりにレールチェックに。

rc

DANGANのスクエアスワローテール。

パワーレスなブレイクでもクイックでハイレスポンスに特におすすめなテール形状。

湘南ユーザーさんからも絶賛のインプレをいただいております。

そして別のお客さんのハンドペイント

br

ブラシルームはエアコンないんで暑い!(>_<)

暑さに我慢できずTシャツ脱いじゃいました^^;

吹き出す汗に気をつけながらの作業。

br2

んな感じで仕上げました。

これはスーパーボール。

すでにオーダーいただいた多くのユーザーさんからのグッドなインプレいただいている、私もグッドなフィンセッティングも見つかり絶好調なモデルのひとつです。

よく走ってよく動く短めに乗れるフレンドリーなオールラウンドショートボードが欲しいという方は、ぜひ!

SUPER BALL / PCC7

カーボン入った軽量フィン

今日も風のないうちに朝からサーフ。

昨日よりはサイズダウンしたかな?といった落ち着いた感じながら、たまにアタマくらいのブレイクもあって、ショルダー張りづらい厚いブレイク中心。

今日は昨日調子よかったグラスフレックスのM7から、ハニカムにカーボン入ったPCC7をSUPER BALLにセットしてみました。

16902sb

体重あり脚力もある個人的には、PCフィンは軽量でスカスカと粘りがないフィンフィーリングを感じてしまい好みではありませんでしたが、

今年リリースされたPCCフィンはカーボンが入って硬めでホールド感よく、そしてフレックスにもバネを感じグッドなフィーリング。

パドルでの駆動と安定が抜群!

バックフィンを小さくしていた時に感じたフラフラするフィーリングはなくなり、テールが変に揺れることなく進行方向へのバランスに集中出来て、駆動も高まりゲットもイージーに感じ。

パドルでの駆動の伸びがよくなったので、パドルダッシュも凄くイージー。

テイクオフの駆動も前へ前へとボードが走りたがるフィーリングが更に高まり、狙ったブレイクはストレスを感じることなく乗れるように。

駆動と安定が断然良くなり、波を選ぶことなくチャージしていける感じに。

ライディングではドライブ安定性とスピードの伸びがよく、グラスフレックスでは厚いセクションでの細かいターンでちょっと硬いフィーリングが気になりましたが、フィンが軽くなったからかテールコントロールの軽快さも感じられるように。

このフィンセッティングは、個人的にはSUPER BALLのポテンシャルを最大限に引き出せ楽しめるセッティングと、今日の思い通りのサーフィンで感じる事ができました。

どのフィンであっても体型に適合しているフィンであればそれなりに調子よく乗れるのですが、やっぱりビンゴなセッティングは足回りが決まった感じで波に乗るのも益々自信が高まりガンガン積極的にいけるようになれますね。

私は体重75キロでPCC7がグッドフィーリングに感じていますが、60キロ代の体型の方ならPCC5フィンが調子よく感じるかも。

グッドな足回りも見つかって、最近妙にSUPER BALLで攻めるのが楽しくてしかたないといった感じです。

安定感が妙に心地よく、フレンドリーな乗りやすさが魅力なアウトラインのスピード系オールラウンドハイパフォーマンスショートボードといった板ですね。

ボトムから縦へのアプローチのしやすさも凄く楽しい。

テイクオフも楽で、良く走りよく反応してくれるポテンシャルが、妙に病み付きにさせてくれています。

シャープなフィーリングのアウトラインながら何かと安定感良く何かとスピードイージーな所が、気軽に乗らせてくれるフレンドリーなハイパフォーマンスショートボードを求める方におすすめです。