PCCとグラスフレックス/SUPER BALL

日曜は朝一に激混みの中HARD BALLでPCC7&PCC5をセットしてサーフィンしましたが

HARD BALLのテイクオフの早さもあり数多くの波はゲット出来るものの、パワーレスな波ではどうも硬いフィーリング。

2ラウンド目の夕方ユーザーさんとのサーフではHARD BALLにグラスフレックスのM7&M5のセッティングでやったら、やはりパワーレスなブレイクでもバネの感じる柔らかいコントロール性がグッドフィーリングに調子が上がり。

そして昨日の月曜日もユーザーさんとのサーフィン。

気分はSUPER BALLに、オールPCC7をセットしてサーフ。

161004sbd

161003sb

161003sbpcc

オーバーヘッドなパワフルなブレイクでは、ゲッティングアウトも駆動高まり楽になり、ドライブも安定に調子よかったフィンセッティングでしたが

昨日のコンディションは厚く割れづらく、ブレイクするとバックウォッシュ入り、出来るだけ厚い所からスムースに滑り出させるのが必要といった波でしたが、

このセッティングではボードが素早く走り出しても、どうもフィンが引っ掛かる感じで前にスムースに出させてくれず、思うようなアプローチが難しくテイクオフからして絶不調。

比較的良いブレイク乗れても、テールコントロールが硬くどうも自分のサーフィンが出来ない。

そこで本日はグラスフレックスのM7&M5に変えてサーフ。

161004sb

161004sbgf

波はサイズダウンして更にパワーダウン。

でも滑り出しからテールフレックスも感じられ、そのフレックスを利用した滑り出しも加わってスムースに厚い所からでも滑り出してくれる。

そしてパワーレスな波をトリミングで加速する際のテールコントロールも柔らかい感じに加速へと繋ぎやすく、小さなパワーレスブレイクでもリッピングをバシバシと攻めていける調子よさ。

テイクオフでもライディングでも、テールの抜けて来る攻めやすさももいい感じなんですよね。

グラスフレックスフィンは、テールを思いっきり踏込みリリースする際に、パワーレスな厚いブレイクでもグイィ~ンと伸びを感じるところが個人的には好みなところ。

同じ板とは思えないほど、調子が上がりました。

小さなパワーレスブレイクではM7&M5、サイズアップしてパワフルなしっかりブレイクしてショルダー張る波やオーバーヘッドなスウェル強いコンディションでは迷わずPCC7といったセッティングが個人的にはベストチョイスな結果を感じました。

デカく力のある波ではカーボン入った少ないフレックスがホールド性も高めしっかりターンも安定させ、駆動も高まり調子いいんでしょう。

厚く小さなブレイクでは、グラスフレックスのバネを感じるような伸びがスピードへと変えやすく、テールコントロールもソフトに軽快さを持たせてくれて調子よさを感じるのでしょう。

小波用では個人的にはグラスフレックスのフレックスが全てのモデルにおいて好みですね。

あくまでも個人的な好みの見解ではありますが・・・

ちなみに昨日一緒に入ったユーザーさんもSUPER BALLでサーフィンしていましたが、私よりちょっと体重軽めな方でPC7&PC5のセッティングで、同じコンディションでバンバン沢山乗って調子よさそうでしたよ。

このユーザーさんも、デカいパワフルなコンディションではすべてPC7でセッティングすると調子いいかもですね。

ベストなフィンセッティングは、やっぱ調子上げてくれますね~

コンディションによって、素材も大事なんだなぁ~と感じた経験でした。

強めなロッカーのボードで中々思うようにいかなかったのに

ローロッカーなヨシノシェイプに乗ったら

今日はオーダーのお客さんとのサーフィン

夕べちょっと飲みすぎか、ビーチでのストレッチ、体が硬い。

そしてパドルが重い。

今日のお客さんが乗るボードが比較的強めなロッカーを持つボードで

「あまり乗れず、中々上達できない」とお悩み。

年齢も40代と年配で、もっとパドリングを楽に、もっとテイクオフを沢山したいとの要望。

で、とりあえず走り系で乗りやすいボードを感じてもらえればと、私はKF2をチョイス。

160928b

今日の波はブレイクは厚めながら続くブレイクでロングライドを楽しめる、セットはムネくらいのコンディション。

ただブレイクするところ限られたポイントブレイクな感じだったので、ブレイクするピークにはサーファー密集して、

奥にポジション取れていればブレイクも優しく続く波なので、上手い下手関係なく乗れてしまうポジショニングを気にしての波取り合戦。

パドルからして体の動きが重い私としては、ダメダメな1ラウンドとなりました。

乗っても体が思うように開かず(笑)

まあお客さんのサーフィンを見させていただく仕事モードのサーフィンなので、しっかり把握させていただきました。

中々上手くならないんですよと言いながらも、良いブレイク掴めればアップスでヒョイヒョイとレールワークでロングライド出来るレベル。

ただやはり思うようにスピードを得るには苦戦している感じ。

途中私のKF2に交換。

そしたらテイクオフから自分のボードとは明らかに変わったスピードで、テイクオフでもかなり余裕を得られた感じで、

しかも自分の板では走るのが精いっぱいといった感じのところを、スッとボトムにボードを切り替えし、メイクにはならなかったけどトップでアクションを楽しめた余裕。

ビックリされた表情、また何かスッキリされた表情で戻って来られていました。

バックハンドもやはりスムースな滑り出しスピード感覚に、テイクオフの早さと安定を得られる感じに、ボードの動きもクイックにキレ良く軽快に乗れ、

トップターンもメイク出来てしまいました。

「ボードでこんなに変わるんですね!」と表情がパッと明るくなっていたのが印象的でしたね。

オーダーいただいたボードはハイスピードロッカー系の、まずはメインボードにオールラウンドに楽しめるタイプをオーダーいただきました。

工場でのシェイパーの吉野とのディスカッションも楽しそうに、実際にブランクスに描かれたアウトラインを期待感持って眺められ、ワクワク「楽しみです!」と期待してお帰りになっていただけました。

今後のサーフィンライフが益々楽しみになって来ましたね^^

オーダーいただき、ありがとうございました!

「もっと早くヨシノシェイプを乗っていたら・・・」とつぶやかれたのも印象的でしたね。

これまで多くのオーダーいただいたお客様がヨシノシェイプに乗ることで表情が変わってしまう印象、また「もっと早く乗っていればよかった。今までの自分のサーフィンが無駄な時間に思える」とお声をいただくこと。

サーフィンやサーフボードにお悩みで、もっと沢山の波に乗りたい!もっと上達をして楽しみたい!といった方は、ぜひヨシノシェイプを感じてみて欲しいと感じさせられます。

勿論、良いボードに頼りきるだけでなく、乗る本人のサーフィンに対するモチベーションも大切なんですけどね。

私自身、ヨシノシェイプでサーフィンを滅茶苦茶楽しみ、また様々なサーフボードを楽しみ、今でも少しでも上達を感じていますからね。

自信を持っておすすめ出来るので、ぜひ!

さて、今日の私はダメダメサーフィン・・・

明日は早くからリベンジサーフしますかっ!^^

HARDBALL&D-BULLET

厚いブレイクでキレ良く攻めるのに・・・

昨日の早朝はガスって真っ白な景色。

波は見えなかったけど月曜チームのユーザーさんとサーフ。

アウトに出て見ると、セットでムネくらいの無風でグラッシーなワクワクするコンディション。

気分はHARD BALL 5’7でサーフしましたが、厚めなブレイクながらショルダー張る波あって

厚いブレイクでもテイクオフ楽ちんに沢山乗れ、ワイドありながらポイントノーズにキレ良くアクション入れて楽しめました。

16927dbhb

徐々にガスも晴れて、午前中は潮周りもよく何処も中々いいコンディションでしたね。

夕方は東寄りの風入り、潮も多くダラダラで割れづらい少しボヨついた乗りづらいブレイクに。

ボードを変えてD-BULLET5’8で2ラウンド目。

画像は上がD-BULLET5’8、下がHARD BALL5’7

画像の撮り方でHARD BALLの方が長く見えますが。

ダラダラブレイクでもD-BULLETもやはりテイクオフ早く楽ちんで乗れます。

今日は遅いスタートで午後にサーフ。

多少南寄りの風の影響受けてザワついたセットはカタくらいにサイズアップしたコンディションでスタート。

フィンがセッティングされたままに今日もD-BULLETをチョイス。

途中風が弱まって来て、カタくらいのショルダー張る中々いい波に。

バックハンドでリップで思いっきりテールを蹴り込むと、D-BULLETならではにテールの反応よく、フィンアウトにメイク。

フィンアウトにリバース気味にメイク出来たリッピングは気持ちよかった~

安定感高いポテンシャルは、ショルダー続くブレイクをそのまま更にリップを繰り返せ、3発気持ちよくメイク!

最高ですね。

徐々に潮多くなり割れづらくなってしまい終了。

ヨシノシェイプ、ほんとどれを乗ってもテイクオフ早くアクションもスピーディーにイージーに攻められ楽しいですね。

オーダーボードのご紹介

D-BULLET 5’9

tdb2

湘南メインに柔らかい波質でもレスポンスよく少々ボリュームを残したシェイプを提案。