本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

ドルフィンスルーを完全マスターする!

◆ドルフィン体操

この体操は海でサーフィンをしている時に行うものではありません。
普段時間がある時にいつでも行い、ドルフィンスルーの基本姿勢を体に染み込ませるように覚えさせることが成功へのコツになります。
実際に海ではあわててしまって中々上手くいかないものですが、普段の繰り返しのトレーニングをすることで、ある時気付けば正確なドルフィンスルーをスルッと出来るようになってしまっているでしょう。
一度この基本姿勢と動作をマスターしてしまえば、大きな波のコンディションでも自信を持ってゲッティングアウトできるようになるかと思いますので、まだドルフィンスルーに自信のない方はぜひ試してみてください。
家でも仕事中でもふとした時に体に覚え込ませるようにと繰り返されることが、ドルフィンスルーをマスターする近道になるとおすすめです。

まずは前から波が向かって来ていることを妄想しながら胸の少しノーズよりの掴む所辺りに手を置きます。

※実際の海でのドルフィンスルーをする際には、パドリングからレールを掴む時にボードのノーズ寄りを胸でプッシュするように沈めると楽になります。

●さあ、ドルフィン体操をはじめましょう!

1(イ〜〜〜チ)でゆっくり腕を伸ばして行きます。
この時頭を前に突き出していく感じでノーズを沈めるイメージをしながらしっかり腕に荷重をしていくようにゆっくり動作するのが実際の海の上での操作を覚えるにもコツです。
腕はやはり脇を締めることが大事です。腕を伸ばし易いのと伸ばした後に安定感を得られます。
一気に腕を伸ばすと実際の海の上ではボードが不安定になりやすく沈めづらくなります。
ゆっくりしっかり腕に荷重して沈めていくイメージで腕をゆっくり伸ばしていく感じです。

2(ニ〜〜〜)で腰をテールの方に移動(重心移動)します。
この腰をテール寄りに重心移動する動作をすると、自然にテールに置かれる膝にも荷重されていきますのでテールも沈み出して行きます。
ここがテールが沈められないサーファーには大切なポイント!

3(サ〜〜〜ンッ)で片方の足のつま先をテールに乗るくらいの位置をイメージし膝をつきます。
実際の海の上では膝はボードの上、つま先はデッキパッドのキックに引っかけられるくらいの位置をイメージしてください。
この時膝を付く方の反対の足と両腕の三点でボードのバランスをとることで、サーフボードのデッキに膝をつける動作が容易になってきます。
どちらかの足かは実際海でやってみてやり易いほうの足です。
この膝をつくことで腰がテールよりにしっかり乗り、テール方向に移動した重心がよりテールを沈みられるという原理です。
最初、この三点でボードのバランスをとるのにてこずりますが、こればっかりは慣れるしかないです。
その為にもとにかく繰り返しの練習あるのみ!です。

※実際の海の上では、膝をボードにつきながら(画像では左足)、反対の足(画像では右足)をボードから外してゆっくり沈め具合に合わせながら伸ばしていきます。

4(ヨ〜〜〜ン!)で膝をついた反対の伸びているほうの足をゆっくり上に伸ばし上げます。
逆の足のつま先でテールを沈み込ませているタイミングに合わせながら、つま先に荷重を集中させて更にテールを沈み込ませるようにするイメージで、ゆっくり足を伸び上げていくのがコツです。
この足を上げることにより沈み出したテールが更に深く沈んで、はじめに沈めたノーズとテールがボードが海の中で平行になり、波がお尻に当たるといったことが無くなる訳なんですね。

●波とのタイミングを計ろう!

この位置ですでにここまで沈めこませるコツは、パドルでの助走とタイミング、そして正確な動作が必要になりますので、まだ未完成の方が練習する際は少し早めに動作し始めることがおすすめになります。

大きな波で深く沈める場合は、画像のように体がコの字になるかのように、お尻を海面方向に突き上げるように更にテールを蹴り込み沈み込ませます。