本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

サーフボードのオーダーって?

サーフボードのオーダー方法にも大きく分けて2通りある

●モデルの中からチョイスしてのサイジングのみのオーダー


多くの方が経験されている一般的なサーフボードのオーダーは、興味を持ったブランドの決まったモデルの中から見た目や説明を読んだり聞いたりと、乗ってみたいボードをますはチョイスしてサイズを決めてのオーダーといったところでしょう。

中級者や上級者の方などで自分のサーフィンの現状をしっかり把握していて、多くのボードに乗って来た経験からアウトラインやロッカーの特性、また自分にとっての好みのサイズやレール形状などとボードの細部に渡って詳しい方であれば、そういったボードチョイスでのサイジングによるオーダー方法でも全然問題なく自分に合ったボードに出会う確率も高いかと思います。

ただこのモデルを選んでのサイジングのみのオーダーをする上での大切なところは、興味を持ったモデルのコンセプトデザインやロッカーデザインなどを理解して、そのデザインが自分に合っているかということまでしっかり把握した上でオーダー出来ているかといったところです。

これは私が多くのオーダーをいただいて来た中での経験からも言えますが、「僕のボードを見ていただけますか?このボードは果たして自分に合っているのでしょうか?」と必ずと言っていいほど聞かれることからも、多くの方が購入されたサーフボードの細部に渡るデザインを理解して乗れていないと感じているところでもあります。

また最近ではマシンシェイプの普及により、リッター値を目安にしてのボードチョイスも可能になっています。

ただ同じリッター数値であっても、ブランドやシェイパーのシェイプの特徴の違い、またレールの落とし具合などによっても浮力感は変わってくるものです。

同じブランドであっても、モデルによってリッター値の目安が変わって来る場合もあります。

大変便利で参考になる目安としてのチョイス方法にはなりますが、このチョイスも同じブランドの同じモデルや違ったモデルでの色々なサイズを乗った中ではじめて自分にベストと言えるサイズとリッター値を知ることが出来て、ジャストフィットなサイジングへと近づけることが出来るかと思います。

実際はマジックボード感じられるボードを手にするには、かなりの手間と費用もが必要になってくるわけです。

ひとたびマジックボードと感じるボードに出会え、その同じブランドの同じモデルに乗り続けていくのであれば、便利な目安やチョイス方法のツールになると言えるかとは思えます。

ストックの中からこのリッター値を目安に選ぶ場合も危険が多く、実際私の相談いただいたお客様の中でも、長さで選んだことで相当なオーバーフロートになってしまい悩んでしまっていた方もおりました。

厚さをリッター値で選ぶと長さが相当に短くなり乗れないので、安心持てる長さ優先で選んだことで浮力がかなりオーバーしてしまったバランスで、乗れはしてもレールが入らずターンもままならいなどとお悩みになられていました。

モデルからのサイジングオーダーをされるには、そのモデルが自分に果たして本当に合っているのか?アウトラインやロッカーなどの特性やコンセプトが自分の目指すサーフィンに合っているのか?などと、しっかりとしたサーフボードの知識があって、多くのサーフボードに乗った経験による見極めが必要になって来るのではないでしょうか?

あとこれは海外ブランドのマシンシェイプのボードでたまに見かけ私自身驚いた事実でもありますが、ファクトリーでサイズを実測してみると明記されているサイズと相違がある場合がありました。

実際乗られる方としては、明記サイズより実際は薄く浮力のないボードを信じて頑張られていたんですね。

これもサイジングのみでオーダーされる上での危険に感じる実例として一応紹介しておきます。

通販などでサイジングのみの購入やオーダーを実際にボードを見ずにされる方は注意が必要かと思います。

リッター値を目安としたマシンシェイプのボードを購入されるにしても、またオーダーされるとしても、リッター値を目安に考慮しながらもモデルやサイジングなどの信頼を持てる確実なアドバイスを貰える経験値と知識の高いショップを探ししっかりと相談の上購入されるのがベストではないでしょうか。

●カスタムオーダーによるオーダー


カスタムオーダーとは、個々の様々な要因に合わせたボードをデザインからサイズ、またレベルや使用するコンディションなどと、全てにおいてお客様に適合させてオーダー出来る方法です。

自分に合った好みのアウトライン、テール形状ロッカー、レール形状などと、細部に渡ってオーダーするユーザーに合わせたオーダー方法です。

レベルやサーフィンスタイルもダイレクトに把握できることで、ユーザーに合わせた細かいチューニングやアレンジもダイレクトにしやすく、モデルチョイスによるオーダーであっても更にユーザー本位なジャストフィットしたマジックボードを手にすることに近づけられる本来オーダーにおける原点と言える方法です。

ヨシノシェイプではこのカスタムオーダーを大切に考え採用し、細かい相談も出来る弊社での的確な相談、またファクトリーでの実際にシェイプするシェイパーとの相談も受け入れ対応させていただいております。

リッター値を気にすることなく、オーダーされるお客様のサイズだけでない全てに適したバランスのベストなマジックボードを確実にお渡し出来るように常に努めております。

カスタムオーダーをする上でオーダーされるお客様がイメージすべきこと

★自分がどんなサーフィンをしたいかをイメージしてみる


初心者や初級者であれば、自分が今後どんなサーフィンを目指し練習していきたいのか?

初級〜中級者であればどんなパフォーマンスを目指練習していきたいのか?

中級〜上級者であればどんなパフォーマンスをどんなスタイルでメイクしていきたいのか?
などと、自分の今後のサーフィンをしっかりイメージしてみる

★どんなアウトラインのボードに乗りたいのかイメージしてみる


初心者や初級者であれば安定感を考える中でどんなアウトラインのボードに乗りたいか?

中級〜上級者であれば楽しみたいサーフィンスタイルやパフォーマンス性などを考える中で、どんなアウトライン、またどんなテール形状のボードに乗りたいのか?

★どんなライディングスタイルを優先したいかロッカーをイメージしてみる


●パドルやテイクオフを楽にしたいのか?

●推進スピード性に優れたボードに乗りたいのか?

●ターンがイージーで回転性の良いボードに乗りたいのか?

●ドライブ性を優先したいのか?それとも反応の良さを優先にしたいのか?

★どのくらいの長さのボードに乗りたいのかをイメージしてみる


●パドリングやテイクオフ重視に長めに乗りたいのか?

●反応の良さやパフォーマンス性を考えて短めに乗りたいのか?

●小波用としてミニボードに乗りたいのか?長めに乗りたいのか?

●ミッドレングスサーフボードとして長めに乗りたいのか?短めに乗りたいのか?

まずはこういったところをしっかりとイメージされた中でオーダーオファーをされることがおすすめになります。
そしてそのイメージをしっかりと形にしてくれる性能の良いシェイプをしてくれる技術を持つシェイパーに任せることもおすすめになります。

ぜひ優れたシェイプ技術と経験を持つヨシノシェイプでのカスタムオーダーにて、近道に自分だけにとってのマジックボードを手にしていただき実感いただければとおすすめ致します!