本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

テイクオフの正確な動作をマスターする!

◆テイクオフ体操

テイクオフの際、一気に勢いでピョンッと立ち上がっていませんか?
そのテイクオフの方法では、立つ位置が定まりません。
テイクオフ体操は摺り足でのスタンディングを覚えられるイメージトレーニングです。
この体操は海の上で行うものではなく、普段から体に染み込み覚えられるように繰り返し行うものです。
ふとした時にいつでも何処でも簡単に行える体操なので、テイクオフに自信が無い方はぜひ試されてみてください。

まず床の上でパドルの姿勢をとり、ボードが滑り出しているところをイメージします。

実際の波の上ではこの状態です。この波は速いブレイクなので、レール側に荷重を加えてすでにボードをアプローチ方向に向けています。

●さあ、テイクオフ体操をはじめましょう!

1(イ〜〜〜チ)で上体を起こします。この時出来るだけ脇を締めて体を起こすのがコツです。
脇を締めないと腕に余計な力が必要になると共にバランスを取り辛くなってしまいます。
また、手はボードをつかむと肩に力が入ってしまうので、ボードのレールに手の平を置くことが大切です。
手のつく位置はわき腹と胸の間あたりが目安です。

実際の波の上ではこの状態です。パドリングでボードがしっかり走るきってスピードに乗ってから動作を始めます。
ビギナーで波においていかれるのは、この時点までしっかりボードを走らせておらず、あわてて立ってしまうのが原因です。サーフボードはスピードが出るほど安定しますので、動作もしやすくなります。
床の上など平らな所で行う体操は上方向に上体を起こす動作となりますが、実際の傾斜のある波での動いているボードの上では、ノーズ寄りをプッシュしていくように荷重しながらアプローチ側に少し前のめりな感じになります。
レベルアップに大切なのは、この時点でアプローチする方向にしっかり目線を持っていき、アプローチをしっかり見据えて行くようにします。

2(ニ〜〜〜!)で後ろ足になる方の足のつま先をテールに乗せるくらいの位置をイメージしてデッキに膝をつきます。
画像はレギュラースタンスなので右足の膝をついています。
グーフィースタンスの方は左足の膝をつくかたちになります。

体操ではテイクオフの動作の流れを体に覚えさせるのにボードのデッキにスタンスの後ろ足となる膝を床に付けますが、実際の波の上でのこの動作は膝を擦るように前へ出すようになります。
実際のテイクオフはアプローチに対してサーフボードをプッシュするように前方荷重に勢いよく行うので、体操で膝を付く動作の流れは立ち上がる際の瞬間的に行われる一部分となります。
実際の波の上でスムースに後ろ脚の膝が前に出てテールに乗れるようになったら、体操でのイメージトレーニングに成功していると言えるでしょう。
この時もやはり目線はアプローチ方向を見据えます。

3(サ〜〜〜ンッ!)で伸びている左足を腿を胸に引き付ける感じで一気に体の下を通し、ボードの中心(ストリンガー)に足を置くイメージで持ってきます。

スタンスの前足を前に出していく動作です。体操では後ろ足を前に出していく膝を付く動作と分けて段階を持たせていますが、実際の波の上で素早くテイクオフできる動作では、後ろ足を前に出す動作と同時に行うタイミングになって来ます。
ピョンッと一気に一瞬で勢よく立っているかのように見えますが、実際にはこの動作を一瞬で行っています。
勢いでジャンプするかのようなピョン立ちをすると、やはりスタンスする位置がテイクオフするほどばらつくことがあるかと思いますので、摺り足でのテイクオフをマスターされることがおすすめになります。
この動作をしっかりマスター出来るようになるためにも、体操での両足の動きを体に覚えさせることが大切になります。

4(ヨ〜〜〜ンッ!)でゆっくりライディングポーズをとるイメージでゆっくり立ち上がります。

スタンスの定まった正確なスタンディングが成功です。
テイクオフを成功させるには、波を読む力、波のブレイクの予測、出来る限りテイクオフするグッドポジションにポジショニング出来る事などなど練習することは沢山ありますが、この正確な動作を覚えることはテイクオフの安定や余裕にも繋がり、そのあとのライディングの練習にも影響して来ますので、しっかりマスター出来るようにイメージトレーリングされることをおすすめします。

平らな床でこの体操に慣れて来て動作を覚えて来たら、傾斜のある所で波をイメージしながら体操を行うと、前のめりな重心移動がしやすくなり、後ろ足と前足の前に出す動作のイメージを更にしやすくなるかと思います。

●テイクオフでの手の置き方

※テイクオフの際の手をつく悪い例・・・このようにレールを握ると肩に力が入り易く余計な力が必要になり上体を起こし辛くバランスも取りにくい。

※テイクオフの際の手をつく良い例・・・脇を締めボードを掴まず載せるようにする事によって、容易に体を起こし易く安定もする。バランスの取れた素早いテイクオフが可能になります。