本文へスキップ

サーフボード格安オーダー販売

電話でのお問い合わせはTEL.0475-42-6248

〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見6835-36

国産ハイクオリティーJAPAN HIGH QUARITY

◆ サーフボード ブランクス / ポリウレタンフォーム

ヨシノシェイプサーフボードでは様々な素材によるサーフボードが存在する中で、コンディションを気にせず安定したタイトコントロールな乗りやすさから「やっぱりポリウレタンフォームのフィーリングが好き」と多くのサーファーが好み、低価格での提供が可能であること、細かいカスタム性に優れるメリット、シェイプのしやすさや施工作業効率の早さから短い納期で提供出来るメリット、また修理がしやすく安値で済むことなどからも、丈夫さとフレックス&レスポンスポテンシャルバランスに優れたハイクオリテーなPUブランクスを厳選してお客様のレベルやスタイルに合わせて使用しています。

ブランクス ARCTIC FOAM

ARCTIC FOAM

US(メキシコ生産)のブランクスメーカー。
“STRONGER. LIGHTER. WHITER.” より強く、 より軽く、そしてより白くをコンセプトに、軽量且つ白さに優れ、粘りのある強度とフレックスのバランスが大変優れたナチュラルな乗り心地とレスポンスを実現してくれるブランクスです。
ブランクスの種類の豊富さはパフォーマンス系、ワイドのあるフィッシュ系何でもOK!
現在ヨシノシェイプではメインブランクスとして使用。
ストリンガー:無垢系

ブランクス SOUTH COAT FOAM

SOUTH COAST FOAM

オーストラリア製のブランクスメーカー。
仕上がりの白さ、そしてしっかりと強度を感じるような硬めなフィーリングながら、粘りあるボード全体からバネを感じるかのようなフィーリングのハイレスポンスが魅力なブランクスです。大変軽量なところも魅力あるブランクスです。
硬めなフィーリングを好みながらも、しっかりとしたフレックス性も求める方におすすめ!
パフォーマンスノーマルショートタイプのボードに特におすすめでもあります。
ストリンガー:合板系

ブランクス US BLANKS

US BLANKS

クラークフォームのメインスタッフが中心となりスタートさせたUS製のブランクスメーカー。
クラークフォームの時のような心地よくしなやかなフレックスバランスが魅力と言えるブランクスです。
大変種類も豊富で、様々なタイプのボードに対応します。
ストリンガー:無垢系

ブランクス PACIFIC FOAM

PACIFIC FOAM

オーストラリアのブランクスメーカー。
セルの密度が高くシェイプしやすいのが特徴。
白さも綺麗で比較的丈夫な仕上がりが可能。
ビギナー向けやファンボード系のボードにもおすすめなブランクスと言えます。

ヨシノシェイピングファクトリーでは、ARCTIC FOAMをメインに常にコンディションの良いブランクスをテストの上厳選しています。
上記の他のCORE FOAMでのオーダーも可能です。

◆ 高品質へのこだわり

PUブランクスを使用する上で、極力フットマークなどの凹みを軽減し、高いキレの良いパフォーマンス性、また程よいコントロール性に優れたフレックス性能を可能に出来る様、強度と軽量化を考慮してレジンとクロスを厳選しています。

●使用レジン

シルマー オプティカルブライトと言う日焼けによる黄ばみが起き辛いレジンを使用してラミネートをしています。

シルマレジン イメージ

●使用クロス

アメリカのJPSコンポジットマテリアル社がサーフボード専用に独自に開発したGREAT WHITEファイバーグラス。作業性と白さ、そして強度に優れているといったメリットの多い高級クロス素材を使用。

JPSクロス イメージ

クロス画像

標準:Deck:JPS 4oz1層+Porsche平織りクロス4oz1層(パッチ) ・ Bottom:JPS 4oz1層
※丈夫な仕上げを重視の方はJPS6ozの使用可能(但しフレックス性能は若干劣ります)

※時折強度を優先したいとSクロスでの仕上げを希望されるお客様がおりますが、Sクロスは現在使用の各ブランクスには硬すぎる仕上がりとなり、フレックス性能に影響が出るので標準では使用しておりません。
現在ではSクロスより更にトータルバランスに優れたJPS平織りクロスを使用しており、Sクロスは強度はありながらも衝撃が加わるとクモの巣状に割れるなどデメリットもございますので当ファクトリーでは現在おすすめしておりませんのでご了承いただければと思います。

◆ 高品質への配慮

●ピンホール処理

海外で製造されたボード(特に並行で購入されたボード)は、ラミネートの際に生じるガスによる気泡の穴ををそのままに販売しているものも多くあります。これはボードの価格、また海外のサーファーのボードの消耗に対する感覚の違いもあるようです。

この気泡の穴からの海水の侵入により使用しているうちにボードは重くなり、またフォームの黄ばみの原因にもなり消耗期間が短くなってしまいます。

ヨシノシェイプサーフボードは勿論この気泡(ピンホール)処理も、ひとつのピンホールも見逃すことなくしっかり樹脂埋め処理を行っております。